2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

サボってしまった

kage

2017/03/13 (Mon)

今日は、午後から夜勤入りまでの時間があるのでそこで勉強しようと考えていたけど、結局

サボってしまった・・・。なんか勉強場所まで出かけるのが億劫になり読書してしまった・・・。

やる気スイッチを探さないといけないな。

今年に入って仕事が忙しいので勉強時間確保に上手くいかないのが一因だ。悪循環に陥って

いるので、そこからの脱却が急務だ。とにかく勉強出来る時に隙間時間でもやる、これしかない。

話は変わって、久々に株を2銘柄購入した。どちらも高値掴みした自覚はあるので買うタイミング

としては良くはない。しかし、総合利回りはどちらも4%くらいで良い。優待があるので大きく値崩れ

する心配はないと判断した。基本、長期保有スタンスなので優待廃止しなければ損切りとかは

しないつもりです。

そして、18日に傾聴に関する講義?セミナーが社会福祉会館であるので参加無料なので行って

みようかなと。見識が広がるし、勉強にもなる。少し楽しみです。

今日から恐怖のノー勉タイムに入るのですが、一応、問題集を持っていこうかな。頑張ります。

隙間時間活用出来た

kage

2017/03/12 (Sun)

今日は、夕方に名古屋に用事があったのですが、行く前に1時間弱ですが勉強出来た。

少ない時間だが、勉強出来た事が良かった。しかし、基礎の科目、難しいわ。

計算問題がここまで苦戦すると、総合種に挑戦なんて無理だよな~。

最近、何か楽器だとかボランティア活動とか何かしてみたいと少し思った。

ボッチ活動も慣れてるから何も思わないが、たまには団体活動もしてみたいな~と。

楽器とか良さそうだけど、小学生から吹奏楽部とかいないとこの歳からの上達は厳しいよな~

悲衛伝 / 西尾維新

kage

2017/03/11 (Sat)

あらすじ。

遥か宇宙から、人類救済の策を練る、十四歳の英雄・空々空と九人の仲間たち。人工衛星《悲衛》
で科学と魔法の融合実験を繰り返すある日、少年の部屋に、自らを「月」だと名乗る女性が現れた。

感想。

伝説シリーズ第八弾!ラストが衝撃的だった。ここ2冊連続、話がコンパクトにまとまりいい感じだ。
今回は宇宙が舞台。どういう話になるのかと思いきや惑星が擬人化した姿と交渉を。確かに地球
と話したことのある空々なので、今回の惑星連中との話し合いもあるな。

月と名乗るバニーガール姿の少女から地球と人類の停戦案を提案される。そこで太陽系全て
の惑星たちから賛成を取り付けるために惑星たちと熾烈な折衝が始まる。すべての惑星から
内容の違いはあれど賛成票を貰った空々。そこで・・・

割と好きなこの伝説シリーズ。予定ではあと二冊で終了する。地球との決着は案外、予想外の結末
で終わるとは思うが、最近の西尾維新は話の過程が長くて結論というかオチがあっさりしている
ので予想外+あっさりが期待できます。

空々空の出番が後半少ない。四子が交渉劇に参加したからである。四子も実は地球と話した
ことがあるとのこと。地球と火星の戦争の関係、地球が人類を憎むわけ、気になります。

そろそろ物色してみようかな~

kage

2017/03/10 (Fri)

今日は図書館で1時間30分ですが勉強出来ました。DD3種の法令です。

リック本の法令は大体上記時間で1周を終えれます。やろうやろうと思って全然やっていない

ネットの過去問をやらないといけない。もっと問題演習を繰り返して実戦対応力を身につけねば。

基礎の計算問題も少し勉強が出来たが、何周もしたにも関わらず全然出来ません。

基礎の科目だけ落ちる危険性が高く焦ります。もう試験日まで二か月強。頑張らねば。

さて、DD3種の次は登録販売者を受験予定だが、そろそろテキストや問題集の物色を始めて

みようかなと思う次第。登録販売者は合格率は高いですが暗記数が多いらしいので覚える事が

多いのでこれも繰り返しの勉強は必須です。

明日は午前午後と用事があるので勉強は出来ないが、明後日は夕方に隙間時間があるので

そこで頑張ります。

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 / 伏見つかさ

kage

2017/03/05 (Sun)

あらすじ。

「今日から兄さんは、私と同棲するの」著作『世界で一番可愛い妹』のアニメ化によって不眠不休
の生活を余儀なくされたマサムネ。兄の無茶を心配した紗霧は、『開かずの間』での”同棲”を
要求する。

感想。

シリーズ第八弾!今回は、マサムネの著作、世界妹のアニメ化に伴う激務がひと段落して二日間
の休日を楽しむという内容。で、話の構成は登場人物との過去話がメイン。こうして一気に登場人物
との過去、特に紗霧との過去は温かいし良い話だ。

マサムネが休日にはいつもセクハラをしているというのはその通りだな。基本、はハーレムなので
そういう風になるのだが。羨ましいぜ。エルフは積極的だから可愛らしい。マサムネ先輩もだ。

智恵との出会いも良かったな。お互いラノベ好きが功を奏した感じだが。智恵が案外、マサムネに
お嫁さんにしてほしいのはマジかもだ。どこまで行ってもモテまくるマサムネさん。

紗霧がマサムネのネット小説の最初の読者は既定路線だったが、改めて経緯が判明するといい出会
いだった。マサムネは父に喜んで貰うため、紗霧は次第にマサムネに絵が喜んでもらえて次第に
絵に興味が湧き、最後にはお互いプロになりたいと誓い合う。兄妹になるのはご都合主義だが
こういう温かい物語は個人的には大好きです。

自分はハーレムでいちゃいいちゃするのをマサムネと紗霧には求めてなく、兄妹愛を丁寧に描いて
ほしい希望だった。そこで最後にマサムネが言った一言が、すべてをうまくまとめる一言だ。
びっくりした。それを言うという事はクライマックスであり、アニメ放送と最終巻を合わせに来てる感
が否めない。

今後はどのように着地するか楽しみです。