2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

魔法科高校の劣等生(23) 孤立編 / 佐島勤

kage

2018/02/10 (Sat)

あらすじ。

二〇九七年四月末。戦略級魔法の使用はブラジル軍だけにとどまらず、ギニア湾岸にて大亜連合により戦略級魔法『霹靂塔』が使用される。魔法が戦火を拡大し世界を包んでいく。魔法を使った者への非難。魔法を作った者への非難。魔法師への逆風が強まる中、魔法の平和的利用として、USNAの研究者であるエドワード・クラークから『ディオーネー計画』という壮大な宇宙開発プロジェクトが提案される。そして、選ばれた人員の中にはトーラス・シルバーの名前が。これをきっかけに達也がトーラス・シルバーであることが白日の下にさらされてしまうのだった―。達也と深雪に新たな試練の時が訪れる。

感想。

シリーズ第23弾!このシリーズは安定して面白い。しかし巻数も増えてきて新規読者は入りずら
いかも。サブタイトルの孤立編ということでお兄様が強すぎるし、魔法師の存在意義というか無害
アピールの為に・・、孤立してしまうという話。

USNAから突如発表された金星のテラフォーミング計画。その中にトーラスシルバーの名前が。
USNAではすでに達也がトーラスシルバーであることがバレていて、達也の戦略級魔法の
マテリアルバーストもバレている。危険視したUSNAは危険な魔法師は宇宙へ長期間放置
するために、この計画を思いついた。それを見抜いたお兄様は参加を拒否する。魔法協会
は反魔法主義者へのアピールとして達也を参加させたい。そこで十文字先輩が交渉の
使者に。

とうとう最強のバトルカードの一つである十文字先輩とお兄様のバトルが開始。
十文字先輩が始め押していたがお兄様がバリオンランスという最強CADの武器で先輩
のファランクスを攻略し勝利を収める。お兄様が勝つのは既定路線だが勝ち方が少し
物足りない。チート感がない。少しすっきりしませんでした。

魔法協会の動きと国防軍との対決も四葉家は支援せずむしろ見捨てています。
それが孤立編の意味です。それに世界からも見放されようといています。
しかし、深雪は当然達也の味方だし一高の同級生も味方だ。心強い。

達也は今後どうするのか。気になります。

今月に入ってまだ勉強してない(泣)

kage

2018/02/09 (Fri)

今月に入って未だに勉強が出来てない。休日が2日あったけどサボってしまうしで。

明日は午前中に何とか勉強時間を確保して実行したい。ほんとやらないとな・・・。

明日は消防設備士乙3の願書も書かないとな。月曜日には出さないと。

完全にサボり癖がついてしまったな~。こうなると、以前の自分のように勉強癖を付ける

のに苦労するんだよね。ここが踏ん張りどころだな。

勉強が捗ると気持ちいいし、図書館へしっかり行く癖をつけないと。

そういえば、図書館行って転スラの6巻予約しなきゃ!

あの頃の誰か / 東野圭吾

kage

2018/02/04 (Sun)

あらすじ。

メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。
あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ
振り返ってみませんか。

感想。

短篇集。全8篇。東野圭吾の初期の作品です。そしてあの名作「秘密」の原型が収録されて
いる。ファンなら読みたくなる感じです。あとがきがあり著者はこれらの作品は書籍化には
気が進まなかったのもありそして収録機会がないのもありで、東野作品の中では読む優先
順位は低くなるが安定した面白さはあるので読んで損はないです。

先ずやはり秘密の原型である「さよならお父さん」。秘密を凄く要点だけ纏めた感じの作品。
これは確かに長編にしたくなるアイデアですね。短篇でも良かったです。

あとはどれも良かったですが、「女も虎も」の虎の意味が分からないとオチの意味が
分からないとのあとがきです。実際、自分には意味は分かりません。なので消化不良です。

「再生魔術の女」は末恐ろしい感じ。これは深謀遠慮の計画で恐ろしい復讐でした。
復讐者はよく考え付いたなと。アイデアも流石の東野圭吾です。

これで東野圭吾の作品をまた一つ読みました。完全読破したいのでコツコツ行きます。

転生したらスライムだった件(5) / 伏瀬

kage

2018/02/04 (Sun)

あらすじ。

リムル不在のテンペストは、騒がしいながらも穏やかな日々が続いていた。しかしそれは 、『武装した人間の集団がテンペストへ向かっている』との奇妙な情報がもたらされた事 により終わりを迎える。重ねるようにして、友好を結ぶ獣王国ユーラザニアから、魔王 ミリムに宣戦布告されたとの凶報が入った。

感想。

シリーズ第5弾!安定して面白いし巻を追うごとに面白くなっていく。前回はリムルが死んだか?
という場面での引きでした。しかし、リムルは生きていた。分身体が殺されただけという形。それっ
てどうなのと思ってしまう。もっと必死のカッコいい感じの生き残り方は無かったのか。ま、いいけ
ど。

今回は大国ファルムス王国が自国の国益の為に、テンペストに宣戦布告し軍を進める。これに
西方聖教会の大司教も加わり魔物は人類の敵と認定し攻め入るという。これらにシオンや
ゴブゾウが殺された。リムルはヒナタから逃げ延び、自分の人間と共存していきたい思想に
疑問の抱く。そしてファルムス王国に相応の報いをくれてやることに

異世界人が召喚されまくっているのは前巻で知っていたがファルムス王国でもだった。
しかし、ハクロウやゲルドがこんなにつよかったのかと。異世界人に圧倒的に勝つ。
リムル以外の配下の部下も強さのインフレが激しいが、その方がストレスなく読めて
いい。

そしてリムルが魔王に覚醒。ユニークスキルも進化してチートに。世の中の十大魔王に
世界に自分は魔王であると宣言することに。しかし、リムルは人類に対しこれで牽制する
ことになるもまだ人類との融和を望んでいるのは元人間だからか。人間にも良い奴いる
しね。

次はいよいよ魔王クレイマンを敵としっかり認識したのでどう決着をつけていくか見物
だ。そのクレイマンの裏にも糸を引いている奴がいるしまだリムルの安泰の日は遠いな。

異世界魔法は遅れてる!(1) / 樋辻臥命

kage

2018/01/31 (Wed)

あらすじ。

「魔術師、八鍵水明。全ての理に辿り着くことを志す現代の神秘学者だ」現代に生きる魔術師
である八鍵水明は、突如現れた魔法陣によって友人とともに異世界へ転移してしまう。だけど
勇者として呼び出されたのは友人で、自分はそれに巻き込まれただけ!?

感想。

シリーズ第1弾!これも小説家になろう発の作品である。これは異世界転生とかではなく、
転移である。俺TUEEEEであるも、主人公は勇者ではなく勇者と一緒に巻き込まれた友人
である。この設定はWEB小説を書籍でしか基本読まない自分からしたら珍しい設定であり、
しかも日本では中の下の魔術師で異世界ではチートな能力というところも珍しい。

異世界に召喚された水明、レイジ、ミズキ。三人は友人でレイジは勇者として呼び出され、
他の二人は巻き込まれである。魔王討伐が目的で召喚された。レイジとミズキは魔王討伐
を決意し旅立つ。水明は魔王討伐を拒否しあくまでも元居た世界(日本)へ帰還するため
にその方法を調査するべく王城を出る。

これから勇者サイドと水明サイドと視点を変えて描かれるのかな?そしていずれ交わる
日がくるのか?気になり面白い要素である。そして水明は現代の魔術師として色々事情が
日本であったみたいでそちらの掘り下げも期待できる。面白味の要素が結構あるので
それをどう料理していくのか著者の腕の見せ所である。既刊8巻まで購入済みなので
楽しみな所である。

この巻はまだ物語の舞台を整えたという感じで次巻からが本番という感じ。であるので
この巻は正直面白くなく、丁寧に描かれているような気がするがもっとスピード感とテンポ
よく物語を進め、文章も読み易くしてほしい所である。

しかし、先ほども述べた通り期待値は高いので次巻から特に楽しみである。
WEB版はいまどうなってるのだろう。今度見てみるかな。