2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:角川スニーカー文庫 の記事リスト(エントリー順)

クロス×レガリア 海神の遺産 / 三田誠

kage

2015/04/24 (Fri)

あらすじ。

「何々、宝の地図とか?」馳郎と北斗の話を聞きつけた生徒会一同は、先代白翁が遺した謎の地図を
手掛かりに鬼無里海岸を訪れる。宝探しをする一方、リコや蓮花などお馴染みのメンバーは、水着に
着替えて大はしゃぎ。

感想。

シリーズ第五弾!相変わらず、さらっと読めるのでいいです。今回は、白翁の遺した謎の地図を発見
し、物語が進んでいきます。前巻のウーとの大戦の激戦から、一辺、水着回込みで本ストーリーから
は横道にそれてます。

先代の白翁の地図の場所には、何と始祖鬼宝がいた。そいつは過去の大戦の遺物であり、ナタも遺物
でもあるので、ナタは倒すのは気が引け助ける。上手く処理して蓮花のスカーフになり、いざとなると
味方になりそう。この始祖鬼宝との戦いは、あまり盛り上がらなかった。

やはり白鳳六家の一つ青朽葉家が出てきて、こいつとの戦闘を見据えていたので少々残念。だって
三ッ角だし、こいつも仲間になったりしてとか期待してたけど肩透かし。人物紹介程度だった。前にも
少し出た月白も気になるな。

結構、話の大風呂敷を広げた割には物語の進展は僅少だ。<おに>との対決、または<鬼>との対決
色々、想像を膨らませるけど、全然だ。実力のある著者だけに、この出来は不満だ。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

クロス×レガリア  海神の遺産 (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア 海神の遺産 (角川スニーカー文庫)
(2013/05/31)
三田 誠

商品詳細を見る

俺の教室にハルヒはいない(4) / 新井輝

kage

2015/04/19 (Sun)

あらすじ。

「ユウは練馬さんの特別な人間じゃなくなるかもしれないんだよ?」マナミさんの心配通りカスガは
声優として活躍を始め、俺から遠ざかっていく。

感想。

シリーズ第四弾にして最終巻。最終巻にして上手く「涼宮ハルヒの憂鬱」に絡め纏めてきた。涼宮
ハルヒは特別な人間ではなかった。ただの普通の人間だった。そう解釈しているのは悪くないです。
そして、カスガが鈍感ぽくもピュアだった。

ストーリーの流れ的に、恋愛的にカスガと上手く行く流れだと思ったが、なんとマナミさんに告白した
のはびっくりした。マナミさんは、ま、仕事優先で今はそれどころではないという返答は妥当だ。けど
キスしようとするとは・・・、いやはや。カスガは、ユウに告白して、声優の仕事に差し支えるからと
とりあえず上手くごまかすユウはやむなしだが、そこでリアリティを求めたんだな~と少し残念。

カグヤザカ先輩が、なんだかんだ一番いいな。ユウは刺された時も一番に活躍したし、気持ちもはっき
りと伝えてるし。教室に呼び出され、襲われるのはハルヒのオマージュだよね。

ユウは、最後に学園モノ、ハルヒを読めるようになったのは気持ちの問題が大きい。しかし、ウルトラマン
ネクサス凄い気になるな。ネクサスの話も結構出るので、一押しなのだろう。気になります。

総評は、ユウの心情が、なんか割と普通ぽく描かれリアリティある心の揺れも、良かったです。こういう
雰囲気の作品は昨今、少ないので終わったのは残念ですが、次回作に期待です。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

俺の教室にハルヒはいない (4) (角川スニーカー文庫)俺の教室にハルヒはいない (4) (角川スニーカー文庫)
(2015/02/28)
新井 輝

商品詳細を見る

俺の教室にハルヒはいない(3) / 新井輝

kage

2014/09/16 (Tue)

あらすじ。

「前日、ユウの家に泊まっていいかとか……」マナミさんは登校するにあたって、俺に意外な提案をして
きた。それは、恋愛禁止のアイドル声優にはあるまじき行動かもしれない。

感想。

シリーズ第三弾!面白かったです。そして、ユウのハーレムが着実に出来ているので、爆発しろと思い
ながら読んでいました。カスガとマナミのWヒロインですが、それにカグヤザカ先輩に清澄も加わる勢い
である。これは今後、増えるのか。

マナミと仲直りして、マナミが学校と声優の二足の草鞋が大変ということでユウが相談に乗る。そこで
ユウの家に前泊して一緒に登校したいとなる。そういう中でカスガが一緒に海に行こうと言う。それの
日程に重なるようにして、二人のアフレコが。アフレコでもユウが・・・。

カグヤザカ先輩がチョロ過ぎるだろ!行動が謎でユウに告白までする。ユウも人間として先輩としてだ
と思うが好きですよと返答するのはどうかと思うが、勘違いするだろ。海まで来るのは、ちと凄いぞ。
今後もユウを振り回すのだろう。カスガは天然にユウを頼っていて、性格も良いがユウにはカスガが
声優として仕事を一歩づつこなし有名になっていくさまは、カスガにとってユウは特別でなくなるという
事に気付き困惑。幼馴染みがそうなると辛いよな。ってことは普通にカスガの事が好きなんだよな。

マナミとカスガの三角関係がまだ1ミリくらいしか動いてないので、どんどん脇を環境を固め動かして
いる中で、内面も進んでいる中での進行具合が遅いかな。そろそろ、4巻あたりで、刺激がほしい。
でも、独特の雰囲気を残したままで進んでほしい。

カスガは巨乳だしルックスもいいので確実に声優として苦労はするが有名になりそう。マナミの正体
もいつかバレるだろうし、先の展開が気になります。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

俺の教室にハルヒはいない (3) (角川スニーカー文庫)俺の教室にハルヒはいない (3) (角川スニーカー文庫)
(2014/07/31)
新井 輝

商品詳細を見る

クロス×レガリア 死神の花嫁 / 三田誠

kage

2014/07/04 (Fri)

あらすじ。

ナタを襲う「もう一人の鬼仙兵器」ウー。その正体に驚いたのも束の間、突如戦いに介入してきた「殺し屋」
灰岡ジンは衝撃的な事実を語る。「実はさ。本当は、俺が白翁になるはずだったんだ!」

感想。

シリーズ第四弾!面白かった。まあ、また前巻と大分間が空いたのですが軽く読めました。ジンとウーと
の因縁からどうなったか。いや、まさかジンも白鳳六家の分家か、鬼ですな。そりゃ強いわけだ。

ジンにこってりやられた馳郎は、カエアンなしでジンとの再戦へ向かうのは勇気がいるし凄い。恰好いい。
そしてカエアンが主人思いで人工知能に自我が芽生えたのか。強力にヴァージョンアップして帰ってきた
のには胸が熱くなりました。

ジンもツールというカエアン同様の装備を身につけているのには驚いた。鬼でツール装備そしてウーの血
を喰らい身体能力を向上させるというチートでありつつも、白翁の力を駆使して勝利をもぎ取る馳郎はいい。

蓮花が、自分の気持ちを自覚した。こりゃ、三角関係の到来か。ラブ寄せも今後期待できそうで見所も
増えそう。ジンとの戦いも一旦落ち着き、更なる次の展開はどうなるのか、楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

クロス×レガリア    死神の花嫁 (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア 死神の花嫁 (角川スニーカー文庫)
(2012/12/28)
三田 誠

商品詳細を見る

俺の教室にハルヒはいない(2) / 新井輝

kage

2014/02/22 (Sat)

あらすじ。

教室の一番後ろの席は『涼宮ハルヒ』の席。登校して来ないマナミさんの件で、俺は生徒指導室に呼び出され
、その帰り、生徒会長のカグヤ先輩に突然、呼び止められる。

感想。

シリーズ第二弾!相変わらず淡々と青春ストーリーを描いています。最近、こういう作品が大変少ないので
かえって新鮮で良いです。しかし、作者の久々のラノベだけあって?か古臭い文体が味があって雰囲気を
醸し出してたな。青春モノにぴったり。

カスガがオーデション落ちたのは自分のせいだと感じるのは分かるが、それはカスガを見くびりすぎ。まあ
マナミも応援したのも当然だし、マナミが合格するのも実績からして順当だろう。その辺の葛藤も見応え
あります。

しかし、今後、三角関係とかに発展しないかな~。そろそろ恋愛要素が欲しい気がする。そして、この作品
の最終的なオチとか、どういう風に締めくくるのか、気になる。キーワードは『涼宮ハルヒ』なのだろうな。

しかし、あの生徒会長は何者だ。見透かした発言の数々。月島さんもモブだがいいね。そういえば、
こういう淡々とした青春モノはMF文庫Jの豚くらいか?最近は。たぶん。これは短命に終わらないでほしい。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

俺の教室にハルヒはいない2 (角川スニーカー文庫)俺の教室にハルヒはいない2 (角川スニーカー文庫)
(2013/12/28)
新井 輝

商品詳細を見る