2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:メディアワークス文庫 の記事リスト(エントリー順)

オツベルと笑う水曜日 / 成田良悟

kage

2016/03/13 (Sun)

あらすじ。

『己の身が清廉潔白である事を証明しようかと思います』出所したばかりの容疑者の部屋で発見
された声明文。そして殺人現場の壁に残る『私は無実です』のメッセージ。芸能ゴシップや都市伝説
等を扱う、とある雑誌の編集部。そこは編集長の乙野辺ルイ、通称オツベルが若き女帝として
君臨していた。

感想。

『バッカーノ』『デュラララ』でお馴染みの作者。原作は読んでいないがアニメで見ましたデュラララ。
その作者、初のメディアワークス文庫作品。率直に面白かったです。ラノベと大衆文芸の中間的
位置づけのレーベルらしい読み易さと程よい一般寄りのリアリズムとフィクションの混濁した内容
は、自分みたいな頭空っぽにして本を読む人間には凄く適しています。

実は財閥の血縁の雪弘が、とある雑誌の編集部に見習いに。そこの編集長のオツベルに良い様
に振り回され、とある事件を追いかけていき巻き込まれていく。

キャラを立たせる事はラノベ出身の作者らしい感じだが、筆力は感じ、読ませる展開は流石です。
オツベルというのは、宮沢賢治の作品の『オツベルの象』をモチーフとしている訳で作品にも
途中で、その作品を知らない人は読んでみては?とありましたが読んでいません。古典?は
読むと教養にもなるので読むべきだが、積読消化を優先に古典は後回しにしました。

物語は、胸糞悪い真相だったけど解決した時はスカッとした。作者がまたこのレーベルで出す
のであれば買ってもいいかなとは思った。いや、図書館で借りるかな。

ビブリア古書堂の事件手帖(6)~栞子さんと巡るさだめ~ / 三上延

kage

2015/04/04 (Sat)

あらすじ。

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が
再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、
太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。

感想。

シリーズ第六弾!今回は丸ごと太宰治。太宰の人となりとか知るにつれだんだん興味が湧いてきた。
いや、興味ないわけではないのだが、やはり知識が増えると読みたくなります。そして、再び栞子さん
に危害を加えた、あの男が現れる。

栞子さんが焼いた『晩年』が実は無事だということがバレた。そしてもう一つ『晩年』が存在しているとい
う。その『晩年』を捜して欲しいという依頼を、あの田中敏雄から受ける。こいつが、簡単にいい人振ると
は思わなかったがやはりそうだった。

今回は、『晩年』の事件は裏で糸を引いているのは意外な人物だった。そして、登場人物が少ない中で
人間関係が繋がった。これは濃いな。久我山の愛人の娘の娘だったとは。しかし、智恵子は何を考え
ているのか。ロマネスクの会での田中嘉雄は凄い発見をしてたのに、まさかの脅迫に会ったとは。壇
一雄の「待たされる身が辛いのか、待たせる身が辛いのか、どっちだろう」これは、単純に考えれば、壇
を待たせた太宰が悪く、待たされる身が辛い気もするが、上手い事言うな~と関心しました。

『駈込み訴え』の話も、興味深い。富沢が大事にしているのが分かるな。読みたくなります。

このシリーズも最終巻が近い。こういう本はないので終わるのは寂しいな。評論本やそれの類の本は
少し敷居が高い気もする。次巻が楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
三上 延

商品詳細を見る

好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く / 瀬那和章

kage

2014/10/06 (Mon)

あらすじ。

七年前、年下の男の子に、好きだといわれた。それから、手も握らせないまま恋人のような関係を
ずっと続けている。そして、私はまた、彼とは別の人を好きになる。

感想。

なかなか良い恋愛小説だった。ラノベと一般大衆小説の中間を標榜する感じのレーベルであるが、うん
良い感じでした。神戸に住む三姉妹のそれぞれの恋愛の話で構成されていて、少し群像劇みたいな
感じの時系列になっていて工夫されています。

長女・紗子の話。七年前に年下から告白され友達以上恋人未満の関係、それ以降、自分の恋愛事情
を気軽に相談する。これは紗子自身が自覚しているが、聞かされる本人はなんと残酷なことか。いいよう
に扱っている。しかし、紗子が好きな人と上手く行くように身を引こうとしたら、急に惜しくなったのか気に
なりだし、好きだったことを自覚する。まあ、あるよな。ホントは好きだったのだろうけど、何もしてこないし
無害で、こいつはずっと私の事好きで居てくれると思い、雑に扱う。最後は結ばれるので良しとしよう。

次女・朝美の話。女友達の多い彼氏がいる朝美。いつも都合のいいように扱われる。でも好きだから
しょうがない。特に若いうちは好きだからという理由は大きいよね。けど、最後は、朝美の事をきちん
と考えていたということで、上手くいく話。イケメンだから許されるんだよなー。

三女・結衣の話。引きこもりのイラストレーター。ラーメン巡りのブログと仲良くなっていて、実はイラスト
の仕事の人が、その人であったと言う出会い。しかし、過去の恋愛がトラウマというか思い出として残り
前に踏み出せない結衣。しかし、踏ん切りがつき、前向きになろうという結末。悪くないな。

結局、男も女も、好きになっちゃえば、割と盲目になったりする。喜怒哀楽を味わい恋を堪能する。
この三姉妹も、また成長して進んでいく姿が良かったです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く (メディアワークス文庫)好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く (メディアワークス文庫)
(2013/01/25)
瀬那 和章

商品詳細を見る

終わる世界のアルバム / 杉井光

kage

2014/04/08 (Tue)

あらすじ。

前触れもなく人間が消滅し、その痕跡も、周囲の人々の記憶からも消え去ってしまう世界。人々は普段通り
の生活を続けながらゆるやかに訪れる世界の終わりを待っている。

感想。

すでに設定から切ない感じが半端なかった。そしてやはり切ない。物語は綺麗な感じで纏められている。
ところどころ突っ込みたいところはあったが、次々と人間が消えていく様はやはりやるせない。

主人公だけが、消えた人間を覚えているという能力?がある。親しい人間が消えていくのは凄く寂しい。
が、主人公は自分に寂しくないと暗示でもかけているかのごとく気持ちの整理をしていたが、恭子さんの
消えていく様を見届けると、そんな暗示もどこえやら。今まで寂しさにきちんと向き合ってこない中、それは
大変な衝撃が襲ってきた。切ないよなー。

ふと、クラスメイトの少女に気が付いたところから物語が加速する。その少女は、何故か影が薄い。
まあ、それはカメラに由来するところが大きいのだが、でも、主人公との思い出というか触れ合いが少女
を物悲しくさせる。演出は上手いです。ただ、少女との関係性がもう少し濃くてもいい気がした。

やたらと風景や状況描写が多く、雰囲気は出た。一般向けを意識しつつラノベ臭を残す作品。単巻もの
で読みやすいく、隙間時間にもってこいです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

終わる世界のアルバム (メディアワークス文庫)終わる世界のアルバム (メディアワークス文庫)
(2012/10/25)
杉井 光

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帖(5)~栞子さんと繋がりの時~ / 三上延

kage

2014/03/29 (Sat)

あらすじ。

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは、
今はただ待ってほしい、だった。

感想。

シリーズ第五弾。結構待ちました。今回も本の謎を解く、面白かった。母親である智恵子さんマジ黒幕だった。
智恵子に踊らされ、次々と舞い込んでくる本の相談事に翻弄される栞子さん。大輔くんと一緒じゃないと
本の相談はしないのよ、なんて言ってくれますね。

本の薀蓄、特に手塚治虫のブラック・ジャックに関しての話、感心しましたし、第四巻の特に版が古いのは
希少で貴重なのね~と思った。読者の事を考えている手塚氏のことだけあって他の漫画でも同じようなこと
が起こっている可能性はあるな。

栞子さんの身近な人は大抵、智恵子と繋がっているとはネットワークが行き届いているな。常に栞子さんの
行動が筒抜けだったとは。智恵子の差し金で本の相談事が次々と来るハメになるとはね。大輔くんの告白
も5月末までとは、生殺しもいいとこだね。

そして、あの太宰治の晩年の事件の犯人が仕掛けてきた。どうなるのか。まさかこれも智恵子と何か関係
があるのか、どうなのか。気になります。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
(2014/01/24)
三上 延

商品詳細を見る