2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

星くず英雄伝(10) 鏡像宇宙の英雄達(上) / 新木伸

kage

2016/02/04 (Thu)

あらすじ。

《ストーカー》種族との銀河大戦を切り抜け、銀河を救ったあと、逃亡を続けていたジークであった
が、惑星連合長官ケインの度重なる追跡に、ついに捕縛されてしまう。《ヒーロー》としての力を
失っていたジークは、「リハビリのため」と称して、ヒーロー養成校に通わされるはめになる。

感想。

シリーズ第10巻!十数年ぶりの復活である。といっても電撃文庫時代は読んでいないので
復活の実感は湧かないが。ジャングル惑星に不時着して、手作りの宇宙船で宇宙へ飛び出し
たところで終わってたんだよね。

手作り急造の宇宙船だけあって壊れては修理という繰り返し。宇宙へ出て暫くすると星系を
見つける。そこへ資源補充で立ち寄ろうとするも、そこで見たこともない宇宙船艦隊が戦闘
を始める。いやー、星鯨つよいねー。反則過ぎる。

あと、ティン・ツーっぽい宇宙船が出てきたけど、勝ち目無いのかな。そして、にょろQも敵に
見つかり、戦闘・状態に。アニーの神業的な操縦と、クルーの優秀さに善戦し倒すも、別の
船が。いやはやこれは捕まるよね。どうなるのか。気になります。

しかし、ジークがテレサのお尻ぺんぺんするとか、人物描写が以前より増えたとか、年数が
たっての執筆だと変化があるな。その辺は、最後は気にならなくなったけど。鏡像宇宙篇
は長編なので、凄く楽しみです。12巻はドラマCD付きということで、アニメ化ありうるか?
それ気になります。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック