2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(4) / 鈴木大輔

kage

2011/11/03 (Thu)

「お前さん、妹と血が繋がってないんだってな?」会長さんの爆弾発言には焦ったものの、僕こと姫小
路秋人の日常がそれで変わることもなく。寮に帰れば寮長と小説家の二足のわらじを履き、多忙な毎
日を送っていたら案の定、風邪で寝込んでしまった。シリーズ第四弾!!

感想。

今回も、秋子のブラコン振りによる、安定した掛け合いは面白かったです。萌え的にはぎんぎんの方
が一枚上手か。

冒頭で、秘密を指摘された訳ですが、この話題はあっさりしてましたね。この秘密的な事は、まだ先
にとっとくということか。まあ、アナスタシアやぎんぎん、秋子に早々バレては面白くないか。秋子
以外にバレるのもどうなるのか興味はありますが。

秋人の風邪の看病はそれぞれアプローチが違い良かったですね。全員キスできずみたいな展開かと
思ったが。アナスタシアのキス直前の雰囲気が良かった。しかし毎度の漫才協会ネタはもう飽きた
が・・・

新キャラの婚約者、あざといなーーー。12歳かよ!!、ハーレム強化されたな。秋子の反応が楽し
みだ。管理人だけど、聖リリアナ学園通うのだろうか?ぼっちになりつつある秋人のクラスだと面白
いな。次巻に期待。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ4 (MF文庫J)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ4 (MF文庫J)
(2011/10/22)
鈴木大輔

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック