2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

イニシエーション・ラブ / 乾くるみ

kage

2015/12/24 (Thu)

あらすじ。

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

感想。

最後の二行、そう噂の二行を読んでキョトンとなりました。そんな登場人物はいたっけと。数分間
考えました。しかし、どう考えてもいませんでした。読んでいて不自然な部分は確かにありました。
しかし、どうしても最後の二行は分かりませんでした。速攻で解説サイトを読んでしまいました。
読解力の無さに辟易しました。

普通に読んでいて、サイドAからサイドBは完全なる時間の経過に過ぎないと思いました。
サイドAで不自然な個所が数か所読んでいてありましたが、サイドBではそういう個所は
最後の二行以外は感じませんでした。完全に作者のミスリードにハマりました。

読んでいて、たっくん、夕樹は最低な奴だなと思っていたのですが、違っていました。
マユの方こそが最低な奴だったのだなと。恋愛小説としてだけ読むとありふれている
のですが、トリックが素晴らしいです。

二度読みたくなる作品という前降りは伊達ではありません。本当です。作者の作品は
他に塔の断章しか読んでいないのですが、最後にどんでん返しが得意な様ですね。
叙述トリックは面白いですね。また、ほかの作品も読んでみたいと思います。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック