2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

Re:ゼロから始める異世界生活(7) / 長月達平

kage

2015/12/16 (Wed)

あらすじ。

度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。『死に戻り』
した記憶を活かし、エミリアを救うための手段として、スバルは王選候補者であるクルシュや
アナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。

感想。

シリーズ本編第7弾!、再起を誓ったスバルの行動に爽快な思いをした。前巻までは鬱展開が
ずっと続いたので、読んでいて辛かったが、非力と自覚しながらも先頭に立ち活躍する様は
良かったです。

クルシュの協力を得るのに、白鯨を切り札としてだすとは、思わなかった。それは自分が前の巻
の記憶が薄れていたからなのもある。しかし、獅子王の短編集で白鯨には因縁があるクルシュ
とは分かっていたので、そういうことかとも思った。

今回は、ヴィルヘルムが主人公然としていました。白鯨一筋の想い、亡き妻への想い、感動しまし
た。喰われた時には、悲壮感が漂いました。また勝てないのかと。しかし、最後には勝利した事が
救いとなりました。これで生き甲斐みたいのがなくなりそうなのだが、クルシュの元、新たな何か
を見つけるのだろう。

いよいよ魔女教との対決は次巻となる。あれだけ、苦労した事、どう展開になるのか。まだスバル
と魔女との関係は、明らかになってないが、異世界召喚と関係があるのかどうなのか。

しかし、レムが凄い勢いで可愛い。チート過ぎる。もうヒロインでいいんじゃないかな。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック