2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

キケン / 有川浩

kage

2015/10/13 (Tue)

あらすじ。

ごく一般的な工科大学でる成南電気工科大学のサークル「機械制御研究部」、略称【キケン】。部長・上野、
副部長・大神の二人に率いられたこの集団は、日々繰り広げられる、人間の所行とは思えない事件、犯罪
スレスレの実験や破壊的行為から、キケン=危険として周囲から忌み畏れられていた。

感想。

久々の有川作品。面白かった。いつものベタ甘のものも良いが、こういう男臭い大学の部活物もいい。
物語は、主人公の元山が大学時代を思い出しながら妻と会話するという感じで回想する形式だ。
自分も大学時代は部活に入っていたが、それを思い出させる、そんな作品でした。

成南のユナ・ボマーと危ない異名を持つ部長の上野は強烈だ。こんな危険で行動力がある先輩がいたら
さぞかし部活も面白いことだろう。ツンデレなところもあるが基本的には良い先輩だ。そんな暴走する先輩
の突っ込み役のお店の子の元山は、らーめんの拘りと言うか努力の奇跡の味再現はいいね。

副部長の大神の一時の恋路も不憫でならない。あそこまでラブラブでいながら、お預けで最後は嫌がられ
るとは、お嬢様もどういうつもりか。しかし、大神も上野のストッパーではあるも完全な共犯者の感じだ。
池山も良い同期だし、いいね、こういうノリ。

しかしながら、懐古的な作品ですが、個人的には有川作品の中では心にぐっとくるところが少ないので
そこが残念だな。ま、有川作品には基本、教訓的なものは少ないですが。でも、娯楽性には優れている
ので、読んでいて楽しいです。

30歳くらいに読むと楽しい本な気がします(自分はかなり年上ですが)、その年齢その方は必読です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック