2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

デート・ア・ライブ(12) 五河ディザスター / 橘公司

kage

2015/09/25 (Fri)

あらすじ。

天宮市に本格的な寒さが到来した12月1日。五河士道は、何の前触れもなく暴走した。体力測定で次々
と世界記録を塗り替え、さらには触れただけで窓ガラスや壁を破壊してしまう。人外の力、それはまるで
精霊のようで。

感想。

シリーズ第12弾!久々に本編を読んだ。ここ最近、アンコール(短篇集)が続いたので久々だ。今回は
士道の回、士道をデレさせるのが目的。それ自体はいいのですが、12巻ともなると毎回のドタバタ劇も
少々ネタ切れ感が否めない。精霊が次々と士道をデレさせるのだが、それも淡白でイマイチ。

今回は、精霊の力が暴走した士道が十香たち精霊に俺をデレさせろという。精霊達は次々と士道をデレ
させていく。そんな中で、狂三は第二の精霊を追ってDEM社へいく。

精霊の謎が少しづつ明らかになっていく過程は面白い。ファントムが士道を助けたし、謎の名前も出た。
そして第二の精霊も気になる。その辺の部分は少ししか描かれていないが、今後が気になる。

売れている作品だけに引き伸ばしたいのは分かるが、肝心の内容が薄く引き延ばすのでは飽きられる。
謎の小出しにも限度があり、新規読者も巻数が増えると参入が厳しい。次の巻も通常運転みたいだし、
今後、シリーズを追いかけるか、止めるか。いや、惰性で追いかけるか、乗りかかった船。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック