2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 / 長月達平

kage

2015/09/16 (Wed)

あらすじ。

これは、とある少女と少年と、もう一人の少年の、始まりのための物語である。親竜王国ルグニカで行われる
王位選定のための『王選』、その最有力候補クルシュ・カルステン。候補者の誰より王国の未来と在り方を憂い
、気高くあろうとするクルシュとその騎士フェリス。

感想。

今回は、クルシュ陣営の話。クルシュとフェリスとそして第四王子のフーリエの三人の心温まる話。獅子王の
血を受け継ぐ王子のフーリエとクルシュの出会いから始まる。先の短篇集の時もそうだったのだが、王選候補者
の背景や人柄は、皆、納得の行くものだった。かといって、どの人に王位について欲しいかには悩むところだ。

フーリエのクルシュに一目惚れなのは微笑ましい。しかし、クルシュの鈍感すぎるのにも困ったちゃんだな。
そして武芸にのめり込むのも困るが、フーリエの剣で負かそうとする気概が男らしい。そういうの好きだ。

フェリスの親子関係も酷い。幼い頃から虐待にあい、クルシュに助けられたとはいえ、親子の愛情を受けぬまま
育ったのだから。しかし、語られてないはずだが、クルシュとフェリスの約束、いつか語られる日がくるのかな。

前々から、この作品の文体に気になっていたのだが、言い回しが堅く、仰々しい。そこは個人的には好感が
もてるのだが、言葉のチョイスが少しおかしいとかも感じます。言いたいことは分かるのだが、意味が良く理解
出来ないような言い回しもある。だが、そんな所も悪くはないとは思います。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック