2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない / 鴨志田一

kage

2015/08/11 (Tue)

あらすじ。

二学期。麻衣との久々の逢瀬に浮かれる咲太を待っていたのは、非情にも「あんた、誰?」という言葉だった。
どうやら思春期症候群により、麻衣の中身が誰かと入れ替わってしまったらしい。

感想。

シリーズ第四弾!相変わらず、著者は人間の葛藤を題材に持ってくるので読んでいて頷いたり、辛いところも
ある。だが、そこが持ち味なので気に入っています。今回は、麻衣さんの異母妹がメインになります。表紙の
子です。

どかちゃんは、優秀な姉と常に比べられるという辛い境遇で、自分自身も姉(麻衣)にコンプレックス混じりの
憧れを抱いていた。同じ芸能界という舞台で競うような形になっているので、優劣の差がさっきりと出ている
ので、麻衣さんを嫌いになるのはしょうがないかも。自分ばっか自虐的に責めても精神力いるしね。

麻衣とどかちゃんの中身が入れ替わり、それぞれがそれぞれの役割を演じないといけないのだけど、どか
ちゃんは麻衣が凄いプレッシャーの中で仕事をしていることに気がついて良かった。成功者も楽している
わけではないのだということが分かって。一方の麻衣もどかちゃんとして、センター曲を勝ち取ったところは
麻衣さんストイックで恐ろしいわ。

しかし、咲太がだんだん完璧な人間になっていっているので、もう少し不器用な青臭い人間性を持っていても
良いのではないかと感じます。読者にはストレスはないのだけど、作品的にはアリかなと思います。
なんとなく、アニメ化もありそうな作品なので、色恋沙汰ももう少しアニメ映えするようにいちゃいちゃ欲しい。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック