2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

ダチョウは軽車両に該当します / 似鳥鶏

kage

2015/06/10 (Wed)

あらすじ。

県民マラソン大会のコースを駆け抜けてくるのは「ダチョウだって?」。そして発見された焼死体。捕獲した
ダチョウと被害者とをつなぐものとは?

感想。

楓ヶ丘動物園シリーズ第二弾!今回は凄く読み易く面白かった。読み易く面白い点は2点。一つは、キャラ
が前作より立っている。メインの四人。特に変態の服部君と武闘派の鴇先生。服部君は金持ち設定だったりと
変人的な部分が増で良い。もう一つは、動物園の色々な業務や動物の生態などの説明描写が大分スリム化
された事だろう。 

今回は、鴇先生の前職の関連だ。突然現れたダチョウから、様々なトラブルが。しかし、鴇先生の若気の至り
とはいえ、あの元彼は酷いな。しかし、そんな奴がまさかの・・・だったとはある意味予想通りだ。

キャラが立っているといえば、鴇先生が喧嘩強すぎる。いや面白いけど。桃が状況からとはいえ七森さんを
疑ったのは規定路線なのかな。

そして動物園らしく、動物の豆知識が面白い。今回は少ないが、そこはこのミステリは持ち味でもある。そういう
部分は若干削られたところは残念だ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック