2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない / 鴨志田一

kage

2015/04/15 (Wed)

あらすじ。

夏休みの直前、咲太の前に、初恋の牧之原翔子と同じ名前、同じ顔をした女子中学生が現れる。でも、本当
なら、翔子は女子大生のはず。混乱に陥る咲太に、またも不思議現象・思春期症候群が忍び寄る。

感想。

青春ブタ野郎シリーズ第三弾!今回は双葉理央の回。そして、思春期症候群はドッペンゲルガー。理央が
二人に!?最近の女子高生は繊細であるし、複雑だ。自傷行為及びちょっと違うが歪な自己顕示欲と承認
欲求が事態を複雑にする。

なんと、双葉が二人に。本物の双葉が漫画喫茶に行くところを目撃し、話を聞くと、もう一人の理央が学校
行ったりと生活しているので居場所がないと。それで咲太の家で居候に。ドッペンゲルガーの理由を探る
べく、もう一人の偽者の理央に接触を。

理央の寂しい気持ち、分かるな。佑真や咲太に彼女が出来、自分の居場所がなくなったと感じるのは繊細
で依存的だ。それだけ友達というのが大事であるというのは、ぼっちの自分には理解は出来る。構ってくれ
ないからと、エロ画像をネットにSNSにアップするのはレスがつき承認欲求が満たされる気持ちは分かるが
辛すぎる自傷行為だけに胸が痛んだ。

そんな不安がある理央に、深夜でも気軽に電話一本でくる佑真や咲太は、やはり親友だろう。青春だね。
理央の片想い、実るといいな。

翔子は謎だ。病気を抱えているが、初恋の人と関係あるのかな。可愛いし何より性格もよい。それに嫉妬
するかえでも可愛い。桜島先輩とのいちゃいちゃもごちそうさまという感じだ。

さくら荘から続く著者の洗練された会話劇が、今巻はなぜかくどい感じでやや不快感があったが安定だ。
しかし、この物語の主人公の目指すべき目標だとか何とかが、やや希薄で惰性で物語が進行するのは
回避してほしい。とってつけたようなイベントではなく、物語としての本来の進行も十分に加味して欲しい。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)
(2015/01/10)
鴨志田一

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック