2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スイッチを押すとき / 山田悠介

kage

2015/03/02 (Mon)

あらすじ。

青少年自殺抑制プロジェクトセンターで、監視員として勤務する南洋平。ここでは、4人の少年少女
に、自らの命を絶つ【赤いスイッチ】を持たせ、実験をしていた。

感想。

先に続編と言われている「モニタールーム」を読んでしまっていたが、さほど影響は無く、全く別作品
と言ってもいいですね。さて、この作品ですが、ほんと有り得ない設定でぶっ飛んでますが、読んでいく
うちに惹き込まれていきます。しかし、YSCのやっていることのデータとか分析とかで、自殺が減少し
ているようだが、このらへん気になるな。

七年間、スイッチを押さない4人の少年少女がいた。4人は具体的な支えの無い高宮以外、みな、
心の支えを持っていて、そして4人の仲間意識がスイッチを押すのを留まらせていた。普通に考えれば
スイッチを押すような環境でも、4人は凄い。応援したくなります。

南が、本部長とどういう関係か気になっていましたが、そういうことか。これは酷い。こんな人生辛すぎ
る。南は、そういう経験があるから4人を脱走させ、自由を手に入れた方がいいと思ったのだろう。
信じるものと会ったり約束を守れたら、死んでも悔いが無い、どうせまた、あの場所で無味乾燥な生活
が待っているのだから・・・。

南と高宮。結末は悲しすぎる。最後まで逃げ切ってくれと願っていたが、こんなことになるとは・・・。
南の人生はなんだったのか。そして少年少女の・・・。辛い結末。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スイッチを押すとき (角川文庫)スイッチを押すとき (角川文庫)
(2008/10/25)
山田 悠介

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック