2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

安達としまむら / 入間人間

kage

2015/02/21 (Sat)

あらすじ。

体育館の二階。ここが私たちのお決まりの場所だ。今は授業中。当然、こんなとこで授業なんかやって
いない。ここで、私としまむらは友達になった。

感想。

ゆるい日常のゆるい百合要素の女子高校生二人の物語。日常物なので物語の起伏に乏しいですが、
安達としまむらのゆるい会話が和ませてくれます。あとがきで「ゆるゆり」みたいなのと編集から注文が
あったらしいが、これが入間版のゆるゆりなのね。和みます。

安達としまむらは授業をサボる不良。不良といっても授業をサボるくらい。体育館の二階で二人が出会い
同じ場所でサボるようになり仲良くなる。安達が次第にしまむらに、今は淡い思いを抱き始めるところから
二人の関係性が変化していく。

宇宙服来た子供が謎だが、不思議要素はなんかこの物語に微妙にあっていて不思議だ。しまむらが
クールなのが、安達には想いがいいのか悪いのか伝わらないところが微妙で僅かながらドキドキ感が
ある。

まだ三巻までしか出てなく、最近の入間は続巻が遅いので困る。速筆なのにこれでは困る。
とりあえず三巻まで読まなきゃ。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

安達としまむら (電撃文庫)安達としまむら (電撃文庫)
(2013/03/09)
入間 人間

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック