2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

続・終物語 / 西尾維新

kage

2014/12/25 (Thu)

あらすじ。

阿良々木暦の学校卒業後から大学の結果発表待ちの間の物語。

感想。

ファイナルシーズン最終巻。これで物語シリーズも終わりかと思いきやネクストシーズンがある。接物語。
今回は、正直あまり面白くはなかった。著者独特の言葉遊びはさほど無く、登場人物のいつもと違う
キャラクター性を描くのに費やされています。

ネタバレ的には鏡は光を80%吸収して反射しますが、今回は光を吸収しない20%の話。どういうことか
というと、暴論をすると鏡の中にいってしまったみたいな。そこでは登場人物がいつもの人とはキャラが
違う。火憐は小柄だし、真宵は大人の神様になったり、駿河はレイニーデビルだし、忍は高貴すぎる
人間だし、と。それはどれも新鮮ではあるけど、ストーリー性は少ないので読み応えはいまいち。

初登場として、臥煙さんのお姉さんが出てきました。つまり駿河の母です。この人もまた、独特の方で
した。妹とはまた違った独自の理論を持ち、暦となんと一緒にお風呂に入ります。ま、裸ガン見です。

そういえば老倉育が、活発な人で暦の家に同居となっていてびっくり。本の表紙は育さんです。
ファイナルシーズの最終巻としては物足りない、値段が高いのでその辺はコスパが悪い。
ネクストシーズンは楽しみにしてます。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

続・終物語 (講談社BOX)続・終物語 (講談社BOX)
(2014/09/18)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック