2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) / 野村美月

kage

2014/11/24 (Mon)

あらすじ。

吸血鬼になったことを乗り越え、綾音のパートナーとして演劇で頑張ろうと決意した詩也。だが次の
演目は『マイ・フェア・レディ』。

感想。

安定して面白いが、印象は先ず第一に、詩也と綾音のいちゃいちゃ振りがリア充爆発しろというこ
とだ。背の高い綾音のパートナーとして、そして無事に前回ドラキュラ伯爵を演じたとはいえ、まだ
付き合っているわけではないはずなのに。

チームベガの一人にある弱みを握られ恋人の振りをすることに。それにより学校の中で批判を浴びる
ことに。しかし、弱みを握られているのでどうすることもできない。演技にも集中できない。そして、いよ
いよ次の演目の開演が近づいてきて・・・

凪乃が周囲に期待される自分を演じないといけない、注目されたいという切実な状況は辛い。ベガの
人気システムはAKBと似通っているので、リアルのAKBもほんとうの自分がわからなくなるかもだ。
そんな、凪乃もハーレム要員になるのかな、と思ったが違うみたいだ。力ずくで携帯を壊したところは
ワイルドでいいけど。

理歌が詩也に惚れているのは今後、面白い展開になるな。修羅場がくるのか。そして雫の話も徐々に
明かされてきて、やはり雫との愛をはじめることになるのかな。

そして、マイ・フェア・レディ。悲しい物語だ。創造主と創造物の関係。憎んでいるけど、でも理想でない
と愛されないという悲しい思い。辛すぎるぞ。それを演じきった詩也も成長したな。

面白いが、まだまだ、前シリーズのヒカルには及ばない。そろそろ序章も終え本気出して欲しい。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)
(2014/08/30)
野村美月

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック