2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

六蓮国物語 翠竜と赤の天女(上) / 清家未森

kage

2014/11/14 (Fri)

あらすじ。

「好きな女のために馬鹿になって何が悪い?」崇怜が皇位簒奪、さらには結蓮が次代の六蓮天女
に選ばれ、大混乱に陥る煌国!!

感想。

いよいよクライマックス直前!とうとうもう気付いている訳ですが、黒幕が本性を現しました。完全に
黒龍の影響をモロ受けている印象です。そして、やはり六蓮天女になることを良しとする結蓮。
李隆が今後どのように動くか気になります。

崇怜が皇位簒奪し、都は大変なことに。箱に閉じ込め火を付けて龍神の姿に無理やりにしたことは
強引だ。しかし、翠の龍は気品高き龍だった。とにかく次巻が楽しみとしか言えない。

そして、短篇2篇。化け猫とはこうして知り合ったのだな。どれも初期の感じの雰囲気で良かった。
いよいよ最終巻!楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

六蓮国物語    翠竜と赤の天女(上) (角川ビーンズ文庫)六蓮国物語 翠竜と赤の天女(上) (角川ビーンズ文庫)
(2013/03/30)
清家 未森

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック