2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない / 鴨志田一

kage

2014/08/07 (Thu)

あらすじ。

図書館にバニーガールは棲息していない。その常識を覆し、梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。
しかも彼女はただのバニーではない。咲太の高校の上級生にして、活動休止中の人気タレントだ。

感想。

さくら荘のコンビで始める新シリーズ。また学園モノなので、さくら荘みたく青臭い青春ものだと思ったら、
SFものだったでござる。まあ、青春ものってのは間違ってないが。面白かったです。相変わらずのキャラ
の掛け合いがセンスある。さくら荘より少し錬度があがっている気がする。

思春期症候群と呼ばれる謎の症状。その一つに咲太の先輩の桜島麻衣が罹患。人の記憶から認識から
消えていく。どんどん自分を知っている人が減っていく孤独感や寂寥感がつのるが、なぜが咲太だけは
麻衣を見ることが出来た。

麻衣の症状は、既視感バリバリ、例えば「終わるアルバム/杉井光」とか少し違うが「銀色ふわり」とか
そんな設定だったような。しかし、人の記憶から消えていく寂しさは半端ない。咲太は軽口たたいてシリ
アスとかコメディとかの境界を曖昧にする弊害を個人的には若干否めないが、そこはマイナスではない。

妹のイジメとか酷すぎるな。そこらへんの説明は現代社会のSNSなどの悪い部分への警鐘というか問題
を風刺している。今の中高生はほんと大変だ。いずれ妹にもスポットはあたるだろう。ラストの引きはSF
らしい展開へ。次巻に期待。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
(2014/04/10)
鴨志田 一

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック