2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(9) / 渡航

kage

2014/06/12 (Thu)

あらすじ。

もうすぐクリスマス。小さい頃はプレゼントがもらえる日だったが、今はもう違う。何より、願うことも、欲しい
ものもなくなってしまった。生徒会長選挙の日以来、何かが決定的に終わってしまった関係を引きずりな
がら、逃げ出さないため、ただそれだけのために部室に集まる八幡たち。

感想。

シリーズ第九弾。物語りも終盤です。面白かった。今回は結構青春してるなーって感じです。不器用で、
捻くれている八幡、同じく不器用でクールな雪乃、常に周りに気を遣う由比ヶ浜、たちが、違和感のある
関係から一歩を踏み出す。

今回は、一色いろはからのクリスマスイベントの依頼。一色を生徒会長にした責任から八幡一人でこの
依頼を受けることを決意するも、雪乃や由比ヶ浜のこと、部活のことを考え、八幡が自ら奉仕部へ依頼人
となってクリスマスイベントを手伝ってもらう様に依頼する。

海浜高校のカタカナ用語の炸裂の会話は分かる。会社ではよくある話だけど、高校生で(関係ないかも)
連発して、しかも中身がまったくない。イライラする八幡の気持ちは分かるわー。人の話は聞くも全てを
受け入れ折衷案ばかりの展開。辛すぎる。

八幡の本物が欲しいの発言。ぼっちの至言だな。友情とか仲間とか絆とか愛情とか、そんな色々が
抱合した本物だと理解したが、果たしてどういう意味なのか。捻くれ物でぼっちだからこそ人一倍そうい
うものに惹かれてしまう。それを依頼とり解決する意志を見せる雪乃。奉仕部の行く末が気になります。

この巻はボリューミーで読み応えがありました。そして平塚先生が頼もしすぎる。早く誰かと願います。
第二期アニメも決まった俺ガイル。アニメ完結と原作完結を同時にするのだろう。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫)
(2014/04/18)
渡 航

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック