2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

RDG 6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと / 荻原規子

kage

2014/04/20 (Sun)

あらすじ。

泉水子は<戦国学園祭>で本当の能力を現した。影の生徒会長は世界遺産候補となる学園トップを泉水子
と判定するが、陰陽師を代表する高柳は、異議をとなえる。

感想。

シリーズ第六弾にて完結。面白かった。泉水子の本当の能力も顕わになり、少しづつではあるが自分で
能力をコントロールできるようになる様は成長したな~と思った。けど、相変わらずの内向・内省的な性格
は少しイラつかせる。しかし、自分の未来について意見を言えるようになったのは凄い。

世界遺産候補に異議を唱えた高柳、再判定でもう一度泉水子と勝負するも再び敗れる。そして泉水子は自分
の能力が強大で、また周囲もそれに気づき、表立っていることは得策ではなく隠れること、つまり高柳に
表の舞台に立ってもらうことを選ぶ。次第に陰陽師まで自分に協力するようにしていくのはすばらしい。

泉水子は深行に大分依存しているな。いや、もう恋心が芽生え始めている気もしないでもない。深行も
姫神のことを研究していくことを決めるのも腹を括っている。二人ならきっと未来を変え人類滅亡の危機
を救ってくれるだろう。

結末として、確かに一区切りだったと思うが、完全に俺たちの戦いはこれからだ的な終わり方は辛い。
山伏に裏切り者も出てきて、組織も一枚岩でないところ、一方学園は泉水子を中心に纏まりつつある。
大人の事情が関わってくるこれからが一層、面白くなってくるのに完結とは。悲しいです。
今後、続編があるかは分からないが、是非あれば読んでみたいです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (角川文庫)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (角川文庫)
(2014/02/25)
荻原 規子

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック