2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

14歳限定症候群 / 壁井ユカコ

kage

2014/04/13 (Sun)

あらすじ。

生島ちほ14歳、今日づけで男子になってしまいました。同じ中学に通う仲良し女子6人組を襲った、不思議な
ヤマイ。関節痛のような痛みを伴うそれは、驚きの現象を引き起こすものだった!

感想。

全5篇の連作短篇。共通するのは全てが14歳、そして関節痛にもにた現象が起こり、仲良し6人組に奇怪
な現象が起きる。思ったより面白かった。みんな奇怪な現象も9日間で元通りになる。各篇は独立した構成
だとおもっていたら、連作でそこは個人的には評価できる。

好みの話は「欲情」「死命」だ。特に「死命」は左手首に謎の寄生虫?が出来て、それを平然と受け入れる
少女と常識ある寄生虫?との関係性がいいね。智紗子は新しい母に出来る子供に自分の関心が奪われる
そして愛情も、それを寂しく思う。そんな感受性の高い思春期真っ只中の14歳の気持ちが痛い。

ダークな面がある「独占」は読後感は不快だが、歪みのある友情?愛情?関係性が生々しい。「性」について
はつまらない。

ラノベ出身者の作家ということで一般向けでも手を取ってみたが、悪くは無い。すっかりラノベを書いて
いないので、そろそろラノベを書いて欲しいものだ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

14歳限定症候群 (角川文庫)14歳限定症候群 (角川文庫)
(2012/10/25)
壁井 ユカコ

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック