2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

オレたちバブル入行組 / 池井戸潤

kage

2014/04/10 (Thu)

あらすじ。

東京中央銀行大阪西支店、融資課長の半沢直樹はいきなり巨額不良債権を抱えることとなる。果たして
回収できるか?

感想。

高視聴率ドラマの半沢直樹の原作第一巻。面白かった。ドラマを先に見ているから内容は分かってはいたが
凄く惹き込まれた。大和田常務の土下座が印象的だと思いますが、第一巻で土下座シーンがあるとは思わ
なかった。土下座相手はもっと小物だったわけだが。

半沢の妻の花の人柄がドラマと違っていたのでびっくりした。まったく普通のむしろ少し嫌な感じの人柄だ。
ま、ストーリーには影響ないが。黒崎統括官は出てこなかったが統括官は一応出てきた。まあ、あまり出
番は少ないが緊張感は出たな。

半沢の同期に近藤、渡真利、苅田と苅田がドラマには出てこなかった。みんな銀行に苦しみ、夢を抱きなが
らも上手く行かないところは不景気も相まって辛いところだ。

しかし、この原作でも次々と上司や本部の人たちをかわし自分の無実を証明していく様は爽快だ。そして
原作どおり営業第二部次長に昇進すると同時に浅野支店長にも情けをかけるところもドラマどおり。

まあ、感想といってもドラマと比較になり、大したことは書けませんが面白い爽快さがあり第二巻が
楽しみです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック