2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

空飛ぶ広報室 / 有川浩

kage

2014/02/14 (Fri)

あらすじ。

航空幕僚監部広報室の空井大祐ニ尉と帝都テレビのディレクターの稲葉リカと広報室面々の話。

感想。

面白かった。原作より先にテレビドラマを見ていたので話の内容は分かってはいたのですが楽しめました。
ドラマが割りと原作に忠実だったんだなーと思いました。勿論、いろいろと変更している箇所はありました
が。

空自の元パイロットの空井が空自の広報室で、帝都テレビのディレクターの稲葉が自衛隊の取材に訪れ、
自分の企画のため、せっせと広報室にくる。担当の空井を含む広報室の面々はいろいろとバタバタと。

自衛隊は大変だなーと思った。ちょっとしたことでも戦争賛美だとか右がどうのだとか難癖をつけられ、更には
職業的に見下されるということも多々。でも、今のご時世、国家公務員で女性には受けがいいのだが。
まあ、そんなことより、国のため、国民のため、に身を呈して活動するのは感謝しなければならない。

東日本大震災の件を著作に反映していたが、自衛隊は自分達が被災しても被災者という立ち位置ではなく
、あくまで救護者であるというすごさ、そしてそのため救援物資にも手をつけないため、隊員たちの自費
で隊員達の物資を賄うという大変さ。想像以上の境遇。すごい。

鷺坂室長の人柄や仕事のスマートさ、こんな上司素敵だわ。比嘉一曹も素晴らしい。広報室の面々が個性的
で、確かにドラマもってこいの作品。陸・海・空・記者会の標語みたいなのが面白かった。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

空飛ぶ広報室空飛ぶ広報室
(2012/07/27)
有川 浩

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック