2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

終物語(上) / 西尾維新

kage

2014/02/01 (Sat)

あらすじ。

忍野扇との出会いから阿良々木暦の幼なじみ?である老倉との話。

感想。

面白かったです。でも、暦物語の続きを期待していたので肩透かしを食らった。そして、終物語は上中下巻
構成だからか、この上巻は、忍野扇に関する謎は完全に後回しという状況だ。だが、今回はミステリ風味で
少し趣が異なっていたので良かった。

暦の過去を振り返る話。友達を作ると人間強度が下がるという昔の暦の考えの根源を探る。怪異となんも
関係ないこの上巻で、教室に閉じ込められたのは、怪異と関係あるとかかな。そこは扇ちゃんの仕業か。

老倉が何故、暦を凄く嫌っているのか。そして何故老倉は急に登校拒否し、高校三年生でいきなり登校
してきたのか。そこは、すごく人間の嫌な部分を実体験として味わい、親に虐待を受けているのも併せ悲惨
な生い立ちのなせる思考だ。

密室のトリックというかオチは、ちょっとそれはないわーとか思ったりもしたが、全てが異常な親子関係の
中では、それもあるのかなと・・・・・・、いや、ないな。しかし、推理と言えば羽川と扇ちゃんの対決は迫力
あったな。羽川の扇ちゃんへの警戒とか、鋭い。扇ちゃんはほんとうに忍野メメの姪なのか。気になる。

早く、扇ちゃんの謎に迫って欲しいのと、暦物語の続きから物語を進行して欲しい。中巻はどんな内容に
なるのか。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)
(2013/10/22)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック