2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

鬼物語 / 西尾維新

kage

2011/10/02 (Sun)

タイムスリップから戻ってきた阿良々木暦。八九寺真宵と自宅へ向かって帰宅している最中、
突然、「くらやみ」に襲われ・・物語シリーズ第十一弾!!(上下巻別で)

感想。

なんという、幼女・童女・少女との桃源郷。阿良々木さん・・キスとか・・う・羨ましくなんか
ないんだからねっ。

今回は、しのぶタイムとか言いつつヒロインは八九寺真宵でしたね。傾物語は八九寺メインかと
思ったら忍でしたしね。しかし学習塾炎上事件とか全然関係なかったですね。でも、ストーリー
性は少なかったですが、ヒロインしてた八九寺が良かった。こんな結末を迎えるなんて・・・
あの虚をつく行動からあの一言は、感動ものでした。

忍の一人目の眷属の話も聞けましたが、それほどのドラマを感じませんでしたね。まぁ、あまり
ドラマがあると阿良々木さん嫉妬しちゃうしね。夢渡、気になりましたがもう出てこないでしょ
うね。

扇ちゃんが、謎を落としていきましたね。あれと関係ありそうな感じでしたが。恋物語で真相が
分かるのでしょうか?恋物語は、ガハラさんが語り部なのでどんな感じになるのか楽しみです。

千石との対決や扇の件、そしてガハラさんとの恋などなど・・最終話待ち遠しいです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック