2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

さくら荘のペットな彼女(10) / 鴨志田一

kage

2013/09/10 (Tue)

あらすじ。

いつか大人になったとき・・・・・・。さくら荘で過ごした日々を思い出して、何を思うんだろう。みんなバカ
だったなあって呆れるのかな。それとも、賑やかで楽しかった日々を懐かしく思うのかな。

感想。

シリーズ完結!!今回はさくら荘の青臭さが全開で面白かったです。そして胸が締め付けられました。
しかし、いきなりの事後のピンナップは何なのか、とは思ったが、本編でもそうだった。晴れて結ばれたか。
とうとう、さくら荘も完結で寂しいですが、どうやら公式ブログで10・5巻が出るらしいです。

ゲーム制作に没頭する空太、漫画を一生懸命描くましろ、それぞれが夢に向かって進む中、恋人同士としても
充実するかに思われたがすれ違いに。こんな選択が困難な状況になるとは、読んでいて胸が痛い。だって
恋愛と夢をどっちを取るのかと迫られているからだ。今までは、ましろの煌くような才能を前にして、凡人の
空太はましろの夢を応援し邪魔したくないと行動をしてきたが、今回は自分も夢を追いかける立場になり、
またましろの夢を応援したい意向も強い。そんな中、お互いが夢に向かって邁進するので会話する時間や
デートする時間がとれず、恋人として成立していないとましろは思う。それは夢のための犠牲となるが、
ましろは夢も恋人も同時に手に入れたい、そう欲張りになるも上手くはいかない。

結論は、空太は自分の夢を追いかける為ましろの夢を邪魔したくない為に別れることを決断。ましろもそれ
を了承。そして空太も夢を努力の結果、叶えることが出来たが、この決断は辛いし少しかっこよすぎだな。
でも、恋愛を犠牲にして夢を追う、相手の夢もそれで応援が出来る、そんな苦渋の決断は大人びている。
が、胸を打った。

しかし、ふたたびましろと数年後によりを戻したのは空太が夢を叶えたあと。それはそれでゲーム会社の
社長の空太とましろは上手くいくかは・・・。でも上手くいくだろうね。あの時の苦悩や選択は間違って
いないと。空太を待っていたましろも可愛らしい。いいね。

さくら荘らしい完結になって読み応えもあり良かった。満足です。次に予定されている10・5巻は
蛇足になるかならないかは読んでみないと分かりませんが、嫌な予感がします。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

さくら荘のペットな彼女 (10) (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女 (10) (電撃文庫)
(2013/07/10)
鴨志田一

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック