2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

はたらく魔王さま!(6) / 和ヶ原聡司

kage

2013/08/29 (Thu)

あらすじ。

2階がカフェ形態となり、ついに魔王のバイト先のファーストフード店が再オープンする。張り切る魔王は、
心機一転新たな資格に挑戦することに。

感想。

シリーズ第六弾!いやー面白かった。シリーズ最高傑作じゃないでしょうか。いやはや、新生四天王ワロタ。
地球人が悪魔大元帥になった、そして勇者も。いいねー、貞夫は熱くて面白い。恵美も鈴乃も、すっかり貞夫
には信頼を置いているので、貞夫の考える世界征服には不服ながらも興味はあるのだろう。しかし、恵美の
魔王に対する今までの”想い”が急に霧散する事を聞いたので心境は複雑だし、それを最後に告ってるような
発言で意味付けをする魔王さまかっけー。

今回は、ちーちゃん凄いね、かなり努力してるし、ちーちゃんの夢も周りを巻き込むほどの強くフレンドリー
な形は心地いい。是非その夢を叶えて欲しいよね。概念送受も覚えたし、どんどんエンテ・イスラ人化だ。
是非、恋愛方面も恵美に勝って欲しいものよね。

木崎店長もバールマンを目指すという夢を持っている。ただやり手で美人なだけではない木崎店長もかっ
けー。直ぐには独立を考えてないとはいうものの、その夢を叶えてほしい。魔王はそうなったとき、マグド
をどうするのかな。

イルオーンという新たな欠片?が登場。今後の伏線の一つかな。今回は物語りは余り進んでないが、各人の
内面の成長が感じられ、読み応えがあり次巻が楽しみになりました。


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

はたらく魔王さま!  6 (電撃文庫)はたらく魔王さま! 6 (電撃文庫)
(2012/10/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック