2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

伏 贋作・里見八犬伝 / 桜庭一樹

kage

2013/08/20 (Tue)

あらすじ。

伏ー人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者ーによる凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金を
かけた。ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ伏狩りにやってきた。

感想。

読みやすく面白かった。アニメ映画化された作品です。本物の南総里見八犬伝は、ほんの少ししか知らない
が面白く読めました。しかし、物語の方は、割とアクション多目な感じですが、あっさりしてました。しかも
狩る者と狩られる者は存在し、結末的には俺たちの旅はこれからだ!的なものだったので少し残念。

浜路は猟師としては一人前、兄の道節も剣の腕は一流、伏を狩る腕はいい。伏とは犬の血が流れている
人間。花魁や医者、歌舞伎役者など人間に紛れて過ごしている。伏の捕り物帳という点では普通ですが、
伏姫と八房との物語である贋作・里見八犬伝から始まる流れは面白かったです。

銀の歯の森は消え、伏の物語も一区切りついたわけですが、続編も書けそうな気もしないでもないですが
まあ、ないほうがいいでしょう。アニメも時間が有れば見てみたいものです。

wikiで南総里見八犬伝を見たのですが面白そう。かなり長い話ですが、図書館にあるのかな?
読みたいですが、まあ・・・・積読を減らさねば^^;


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)
(2012/09/04)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック