2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

100回泣くこと / 中村航

kage

2013/07/22 (Mon)

あらすじ。

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」
といわれる。ブックは僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。

感想。

映画化とうことで(もう上映期間は終わってますが)、購入してみました。恋愛小説ということは予想がつき
ましたが、王道の恋愛小説とは想像外でした。村山由佳の「天使の卵」もそうでしたが王道の恋愛小説は
、物語が綺麗過ぎて且つ個人的に起伏も感じられずに淡々と読んでしまいます。良くも悪くも淡々です。

愛犬・ブックの瀕死の状態がきっかけとなり彼女にプロポーズした。幸せな同居生活も彼女の癌が発覚。
余命もわずか。そして亡くなってしまう。

彼女が可愛らしいですね。なまねこ。しかし、大切な人を失うって、ほんと辛いのだろうな。そんな経験は
経験している人は世の中には大勢いるのかもしれないしいないのかもしれないが、この作品のような
感じでは(そうでなくても現実に大切な人を失うと)余計辛いのだろうな。

映画はどのような出来だろう。時間を作れればレンタル出たら借りてみよう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

100回泣くこと (小学館文庫)100回泣くこと (小学館文庫)
(2007/11/06)
中村 航

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック