2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

魔法科高校の劣等生(10) 来訪者編<中> / 佐島勤

kage

2013/07/06 (Sat)

あらすじ。

西暦2095年12月。雫との『交換留学生』として、USNA(北アメリカ大陸合衆国)からリーナが魔法科
高校にやってきた。達也は彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを
瞬時に見抜く。

感想。

今回も面白かった。異次元からきたってのがファンタジーぽい雰囲気を醸し出してた。幹比古が活躍して
いたな。そしていつの間に美月とそういう雰囲気になってきたのか。いやいやウブな美月と。エリカとレオは
いつカップルになるのか、ならないのか。

今回は、相変わらずチートな達也さんが情報の次元に存在するパラサイトに攻撃をいきなり加えられるという
離れ業ですごいです。もちろん八雲師匠も。もっと手こずるかと思われたパラサイトも黒羽たちに宿主たちは
あっさりと倒される。四葉も凄いがパラサイトは弱いぞ、なんだこれ。

バレンタインデーのドタバタ?は面白かった。特にほのか、可愛すぎるぞ。ピクシーに乗り移ったほのかの
人格を模したパラサイトには、さすがにいいぞもっとやれと。ほのか悶え死ぬよね、達也さんの前では。

いよいよ下巻ではリーナとの本気の闘いがみられそうでわくわくだ。戦略級魔法師同士の闘い。まあ、達也
さんが勝つのは揺ぎ無いがどう勝負を展開するのか。そして初年度の部が最終とあってどうなるのかな。
楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)
(2013/06/07)
佐島勤

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック