2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

のうりん(6) / 白鳥士郎

kage

2013/05/22 (Wed)

あらすじ。

HEY!ニッポンの皆さん初めましてだナ!?ナタリー、テキサスからコウサクを嫁にもらいに来ましタ!
連れて帰って一緒にコメづくりするナ!?

感想。

すっかり、パロコメディと真面目話の混合したテイストが恒例になりつつある「のうりん」。農業高校を舞台
に今回は国際的な話に、いやはや感嘆を禁じえない。つまりは今が旬のTPPの話が盛り込まれている。
TPPはよくTVや新聞で聞くけど詳しくは知らない人が多いのではないでしょうか?多分、外国からの品物が
安く買えるのだな~、そうすると日本の物が物によっては売れなくなる?そんな感覚ではないしょうか?

いやはや、農業的には国際的な分業に発展し、農業の産業化やアメリカなどの先進国の農業からの支配
など、マネー金上さんの説明は分かりやすかったです。この巻では、流石に日本はこうしたらいいという考え
は記載されてないけど、まあ、自分もどうしたらいいか分からないけど、聖域なきTPPと安部さんが言っている
ので、どうなるか凄く気になります。

今回もラノベネタや漫画ネタなど多彩でした。四天農も安定した面白さだった。ナタリーがまだ年齢的には
小学生なのだが、身体が大人という育ちすぎだろ、いいけど^^。工が可愛すぎる。

しかし、拓先生、ウケタ。農業エリートだけど、なぜヤンキー仕様なんだ。まあ、特攻の拓での仕様だと
思うけど。世代的にはドストライク過ぎて面白い。今の10代にはネタ的に分からないのもあるのではと
思う。

次は修学旅行が舞台になるらしいのだけど、真面目な話は無いっぽい。個人的には真面目な話は恒例にして
ほしく、勉強になるのでカモンである。まあ、常に書く作者もそれでは大変かもだけど。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

のうりん 6 (GA文庫)のうりん 6 (GA文庫)
(2013/04/16)
白鳥 士郎

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック