2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

好敵手オンリーワン(4) / 至道流星

kage

2013/04/01 (Mon)

あらすじ。

神社の一人娘、桜月弥生。教会の一人娘、天都水貴。近所でも評判の美少女二人は、何の因果か孝一郎の
幼なじみであった。振り回されながらも家族同然に過ごしてきたつもりだった孝一郎だが、実は勝負をするこ
とに!

感想。

弥生も水貴もトラブルを抱えて事業の存続が危ぶまれている前回の引きでした。いやー、コーイチロー大活躍
だったな。そりゃ、周りの大人たちがコーイチローを買っていたのが分かった気がする。まあ、事業がそうそう
上手くいくわけがないというところは、現実味があり良いですね。トラブルを割りと揉め事もなく治めたのは、
ちょっと上手く出来すぎているわけですが、まあ、それはラノべですから。

無事トラブルを治めたコーイチローに感謝しつつ、二人は今回のことで自分の力不足を認識し、足元を固める
という発想はいいですね。高校生にしては大きい借金も、なんとかなるのでは。しかし、コーイチローが覚醒
した。店の複数店の経営の件や不動産仲介・管理みたいなことなど、弥生・水貴みたいな発想が出てきた。
まあ、現実的には厳しそうだが、新規事業主には嬉しいかもね。まあ、先が楽しみです。

しかし、恋の決着はつくのかな?なんかそれはないな決着の件。1巻からラブコメ寄りに進めていたので、経済
寄りになるのは歓迎だが、今までの流れで恋愛の決着はほしいところ。でもダブルヒロインとかの作品は、た
ぶん、始めから決着は期待してはいけないのをわすれていた^^;

社員旅行を自腹であっさり決断するなんてコーイチローかっけぇ。そんな彼はモテて当然だと。くそ、リア
充め。しかし、勝也は能天気すぎるし軽すぎるな。不憫だな。なんとなくそのキャラ作りで、やや作品のウケ
を悪くしている気がするな。もう少しまともな性格でもよかったのでは。

なんとなく、最終巻が近い気がするが、この先、どうなるか気になります。しかし、今のままでは物足りない
。であれば、早いうちにたたむのがいいのかも。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

好敵手オンリーワン4 (講談社ラノベ文庫)好敵手オンリーワン4 (講談社ラノベ文庫)
(2013/03/01)
至道 流星

商品詳細を見る

この記事へのコメント

kage

今後の展開に期待~

至道流星さんの新作『東京より憎しみをこめて』を読みました。
マスゴミはマスゴミだね〜

http://birthday-energy.co.jp/ってサイトは至道流星さんの生年月日は瀬戸朝香と同一。
つまり、気性的には本人も闘争的なあの一面がゴッソリあり、なんて書いてましたよ。どうなんだろ?コラムをぜひ読んでね♪
「ハレる運命2014」も配信中!!

Posted at 00:27:00 2014/01/19 by 御座る

この記事へのコメント

kage

Re: 今後の展開に期待~

> 至道流星さんの新作『東京より憎しみをこめて』を読みました。
> マスゴミはマスゴミだね〜
>

最近、新作は星海社で多く出ているので、金額的に手が出しづらいです。
読みたいのですが・・・。

Posted at 04:24:34 2014/01/19 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック