2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

僕は友達が少ない CONNECT / 平坂読

kage

2013/02/05 (Tue)

あらすじ。

三日月夜空は、十年前に離ればなれになった親友との物語を再び始めるために動き出そうとしていた。など
、小鷹以外の人物達によって綴られる、一つの奇跡へと続いていく、煌く奇跡達の軌跡。繋がりの物語。

感想。

非ナンバリングだから、短篇集かなにかだと思ったら確かに短篇なんだけど、本編にバリバリ絡む内容だった。
重要なエピソードだらけで面白かった。そしてこのコネクトも割りとシリアス寄りの仕様となっています。天馬と
隼人の若き日の物語とかも良かった。てっきりノエルと隼人が結ばれると思ったら、中二のアイリとか。いい
お似合いの二人だ。ペガサスもノエルと上手くいくかとおもったら・・・・、しかし、ステラ。義姉かよ。

夜空、結構必死だったんだな。親友との想い出は重要だよね、かけがえの無い友情はいい。しかし、理科との
熱いバトルの末に改めての”友達”となった、改めて。重要なので二度言います。いや、夜空はその辺を見てし
まい、自分の居場所を失ったと思う。いや、そもそも小鷹と親友として復活するための部活だったのに。先に
理科と。夜空は小鷹しか見えてない。部活全員で友達作りのはずなのにね。どうなるのか、気になります。

幸村が変わってるな。健気というかある意味素直で親思いではあるのだけど、勘違いというか履き違えてるな。
幸村との”友達”へのプロセスはどうなるのだろう。まあ、一筋縄ではいかないな。そして、やはり理科が一番
の常識人だし、キャラ作りとか考えてるな。人付き合いについて。小鷹のいい友達ポジションになるな。

これからシリアスに小鷹と部員一人一人が”(真の)友達”となっていくように巻は進んでいくと思うが、かなり
期待している。今までの軽いノリでのギャグもいいが、シリアス寄りの展開は望むところだ。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)
(2012/12/21)
平坂読

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック