2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

別冊図書館戦争 Ⅱ / 有川浩

kage

2013/01/28 (Mon)

あらすじ。

”タイムマシンがあったらいつに戻りたい?”という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている
副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠くを見つめるように静かに答えた。「大学の頃、
かな」。

感想。

別冊Ⅰより、Ⅱの方が好みかな。Ⅰよりビターな感じがしたし、大人で切ない感じがした。特に緒形副隊長
と短篇の「ウェイティング・ハピネス」なんかもそんな感じがして、最後の締めにはもってこいだったな。
堂上と郁の、堂上の若い頃の話の回は、いい雰囲気の二人に、いやー、熱々だなとか。

緒形は、委員会出身だったのな。そりゃ異色の出自、直ぐには信頼を得るのは難しいよね。しかし、それで
彼女と別れることになるのは辛い。やはり隠し事というのがよくないなー、恋人とかに。自分は緒形の気持ち
は分かるので、緒形がそういう隠すのもわかる。しかし、健気に給与振込口座にするとか律儀だな。そんな
緒形に最後に会いに行くというのは、話があったのはいいね。

手塚と柴崎の話も良かった。柴崎のデレは破壊力あったな。しかし、女性は自分の好きな男性が、知り合い
とかの女性に振られたり、知り合いが同じ人を好きになったりすると性格悪くなるな。そういう話は割りと
漫画や小説で散見する気がするが、おそろしい世界だな。自分は友達とか少ないからか男同士ではそういう
話はないと思う。多分。

折口と玄田隊長はどうなるのか。そこんとこも、見届けさせて締めて欲しかったが、まあそこはあっさり
と玄田隊長の告白で結ばれるんだろうな。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)
(2011/08/25)
有川 浩

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック