2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

別冊図書館戦争 Ⅰ / 有川浩

kage

2013/01/23 (Wed)

あらすじ。

晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先に
なかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く!?

感想。

本編よりベタ甘だった。時系列的には、『革命』の続きで郁と堂上が結婚に至るまでの話。郁の純粋培養純情
乙女・茨城県産26歳ぶりも可愛いし、本編に比べ女性らしさが大分出てきた感もあるが、郁は相変わらずの
直情型で単純なところがいいも、堂上側の気持ちになって考えると堂上は郁を好きすぎるといっても大人だな
と思わざるをえないな。

徐々に心も体も進展していくとことが二人らしいし、そこでの郁のエスカレートぶりも可愛らしい。や、いざ行為
に及ぼうとする際の郁の怯えは、その後の堂上の行動に影響。わかるわーその堂上の気持ち。もてない俺で
も同じ行動をしちゃうよね、たぶん。郁も気持ちと裏腹なんだけど、やむなし。経験値の問題だな。

柴崎も泣き顔を手塚にしか見せないのが、もう手塚的には美味しいがそれには気付かない。そりゃわからん
でもない。まあ、でも心をすこしは開いたのかな的には俺でも察しがつくかも。

あっさりと費用の計算かーらーの、プロポーズでのOK!いや、さすが相思相愛。いや、それもあるけど、
小牧教官の毬江ちゃんへのキス攻撃のヤキモチは、ほんと必死だよな。そりゃあんな若くて美人相手には
そういう気持ちになるよね。いくら相手が好きと言っていても、いつ同年代に気持ちが揺らぐかわからん
もんね。いやはや小牧教官も大変だ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)
(2011/07/23)
有川 浩

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック