2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

図書館戦争 / 有川浩

kage

2012/12/04 (Tue)

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時
代に出会った、図書隊員を名乗る”王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組
織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。

感想。

今更ながら読み始めたけど、いやー、面白かったなー。少女漫画みたいだった、そして郁の熱血で直
球な性格がいいね。燃える要素もある。甘甘の評価が多いけど、それは感じなくもないけど、自分は
少女小説とか少女漫画を嗜むので、それに比べればやや甘くないような気がします。やはり、図書
隊という職場を媒介にしているところとか、学園ものに比べれば大人だよね。

物語の設定自体は、トンでもな設定だけど、個性的なキャラと少しラノベっぽい感じも読みやすく、演
出も良かった。

郁は、憧れの王子様が堂上教官とか知らず、王子様を追いかけているも、今は堂上教官を追いかけ
ているという、少女小説・漫画的に美味しい構図なのだけど、そこが悶えるよね。この刊収録の短篇
が特にそれを感じた。

本編も、玄田隊長も豪快で理解もあり、柴崎はなんでも知っていて美人で、いい性格している。いや
やはり、郁の無鉄砲な直球な、性格がやはりこの物語の肝だろか。勿論、堂上教官の面倒見のい
い、そして郁を大事にしているのがポイントでもあるのだが。まだ、恋愛には発展してないが、これ
みものだよね。次の内乱読むのが楽しみだ。

手塚がいきなり、告ったのも面白かったな、郁の動揺っぷりが可愛らしいな。断るのはわかって
たが、免疫ないし、なんだかんだで悩むよな。まあ、手塚にはまだ諦めてないぞみたいなのが
欲しいな。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
(2011/04/23)
有川 浩

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック