2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

も女会の不適切な日常(3) / 海冬レイジ

kage

2012/11/18 (Sun)

も女会の日常はまたしても改変されていた。何しろ美少女の僕は愛とラブラブ交際中。さらに先輩も
繭も雛子も僕にベタ惚れのハーレム状態。そこへ源ひかると名乗る少女が加入して・・・・・・。

感想。

3巻にして完結です。またしも改変された日常からの始まりで、そしてアッパーグラスへみたいな
感じです。今回は、今までのような凄惨な死の体裁は無かったものの、終幕へということもあり、
幕引きへの物語の展開を当然しています。最後も「驚き」や「衝撃」を期待してたけど、作者の腕
が物語のプロット段階から展開が広げられなかったのだろうかな、と感じられた。しかし、1巻
の衝撃はすごかったのにねー、まあ、でも悪くは無いのかな。

リンネの友人と同じ名前の少女がも女会に加入して来た訳ですが、やはり、あっちの世界絡みでし
たね。そして、パン・ド・ラの正体といい、源ひかるの正体といい、SF要素が濃い感じでした。もとも
とSF要素はありましたが、深まった気がした。

しかし、冒頭からのハーレム展開はそのまま継続しつつ愛との交際継続とかと思ったが、改変し
ていくし。愛って、結局死ぬ運命なのかな?読解力がない自分としてはそう思ったのだが。そして
改変された世界で生きていくということだよね。確かに不適切な日常だ。

愛とリンネはラブラブだな。ちだねになびいても面白かったかって、それはないか^^;

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

も女会の不適切な日常3 (ファミ通文庫)も女会の不適切な日常3 (ファミ通文庫)
(2012/10/29)
海冬レイジ

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック