2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

インテリビレッジの座敷童 / 鎌池和馬

kage

2012/11/11 (Sun)

田園風景と最新鋭テクノロジーのコラボエリア。それが『インテリビレッジ』だ。ここは、あまりに『田舎』
演出が完璧すぎて、”妖怪”すら呼び寄せた。棲みやすい『環境』を求めてやってきた彼らは、当然俺
ン家にも居る。

感想。

初かまちー作品。『禁書』は今から集め読み始めるのには巻数出過ぎで手に取り図らい。『HO』は、
まだ10巻未満なのだが見送り、この新シリーズからと思い手に取りました。『HO』は全くわかりま
せんが、『禁書』はアニメで見てますので、かまちーはどんなバトルを見せてくれるかとわくわくし
ていました。

妖怪を人間が行う犯罪のシステムに組み込み”パッケージ”としてそれを犯罪組織に売ったり、犯
罪として実施したりとする輩たちに、主人公である陣内忍が巻き込まれる話。忍は妖怪によく会う
体質?らしく、家にも座敷童や雪女、猫又、そして・・・・・・、色々絡んできます。

百鬼夜行とかいう組織も登場して、今後はどう絡むのか、この巻はまだ”パッケージ”の各種パタ
ーンの説明みたいな感じ。今後はもっと奥が深くミステリアスな展開を希望したい。バトルはその
時の妖怪の特性などによって解決方法は違ってくるというのは面白いが、ネタが尽きそう。その
辺をどのように物語に変化を加え見せてくれるのかも腕の見せ所だろう。

しかし、タイトルになるほど今後は座敷童は活躍というか見せ場はあるのかな。ぐーたらでバトル
には不向きとかよく言ってるけど、実はすごい特性というか隠し玉があるとか期待しちゃう。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

インテリビレッジの座敷童 (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童 (電撃文庫)
(2012/05/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック