2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

八丈島と、魔女の夏 / 小椋正雪

kage

2012/11/09 (Fri)

両親の長期出張で俺が預けられた先は八丈島?!しかも、俺を預かってくれることになった親父の
親友は本物の魔女?!島に住む少女、真奈との出逢い。

感想。

第一回キネティックノベル大賞佳作。keyで有名なビジュアルアーツの関係である。keyのブランド的
な一面からのイメージでは感動系かな?とか思ったが、この作品は感動系というよりは日常系な温
かい、そして魔女という非日常もスパイスとしていい作用が働いていて良かった。

この作品は一言で言うと「八丈島の観光案内と八丈島で暮らすささやかな出来事」そんな物語。作
者の八丈島の旅行の時の感じが活かされた作品でもあり、観光名所などふんだんに出て興味をそ
そられました。しかし、魔女は本物の魔女であり、それ自体は別に対したことなく比較的に上手く日
常に溶け込んでいる感じだったが、八丈島で起こる日常そのものが淡白で起伏がない。

それは、一迅社文庫にはない作風で好感が持てるが、そこ止まりでもある。ただの好感以上の何か
を多数の読者から得るのは、感動なり驚きなりを仕込むべきだったかなと感じた。次巻はあるのか
ないのか分からないが、次は小笠原諸島らしい。そのときは、もう一つ工夫して欲しいな

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)
(2012/05/19)
小椋 正雪

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック