2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

あくまでも、妹が欲しいんです。 / 水無瀬さんご

kage

2012/10/12 (Fri)

無類の妹好きなのにリアル妹がいない俺、二宮シンヤ。その迸る想いを胸に妹イラストを描いている
と、窓から悪魔リリンがやってきた。リリンは俺の願い事を3つ叶えてくれるらしい。

感想。

美少女文庫が主戦場の著者の作品。美少女文庫とか読まないので、その実力の程は、と興味を
そそられ手にとって見ました。いやー、酷い酷い。褒めてません。これは、途中で本を壁に投げそう
になりました。文章もスカスカ、内容もスカスカ、キャラも立ってない、素人が書いたんじゃないか
って感じでした。

突然窓から侵入してきた悪魔に妹がほしいとお願いすることに。そしたら自分が希望した妹が二
人と、その悪魔も妹に。その悪魔リリンがそうとうのアホの子で可愛らしい。そして二人の妹の
カインとレインはあざといのは分かるが、表面上の妹の人気属性(ツンデレや無表情キャラ)み
たいなのを演じてるだけで、仕草や行動は言うに及ばずである。

内容は大したことなく、語ることは少ないのであれですが、幼馴染は何しに出てきたのか。
妹にヤキモチやかせるとか、逆にやくとか、そういうベタなのもないし。まあ、ラブコメ的な
のはないので、ただ妹とワイワイ過ごすみたいな感じです。そこに悪魔の事情が絡む訳ですが。

総評、地雷です。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村


あくまでも、妹が欲しいんです。 (一迅社文庫)あくまでも、妹が欲しいんです。 (一迅社文庫)
(2012/04/20)
水無瀬 さんご

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック