2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ゴールデンタイム(4) 裏腹なる don't look back / 竹宮ゆゆこ

kage

2012/06/24 (Sun)

とある深夜、束の間だけかつての記憶が戻り、当時抱えていた想いそのままにリンダのもとへ駆けつ
けようとして見事にこけた多田万里。翌朝。万里は唇を腫らし超絶ブサイクになっていた。

感想。

相変わらずページ数少ないな。もっと読みたい。いいところで終わってしまうが、今回も面白かった。
前巻では万里がリンダのことを思い出して終わっていて待ちに待ってたわけだが、思ったほどの
波乱はなく起伏が少なかった。

しかし、万里はやっぱり高嶺の花である香子の彼氏であることを改めて振り返り、リンダの事を渇望
している、もう一方の自分の存在を感じながらもそれではいけないとも想い、ただの先輩後輩の関係
を選択したリンダとの関係。奇妙で切ない三角関係。ここから、すんなんりとこの三角関係が波乱も
なく過ぎ去り解消されるとは思われにくい、くぅ~どうなるんだろ。

香子は、ずっとあの写真を手にしてからずっと不安だったんだよね。だから必要以上にも万里にベタ
ベタしていくし、いつものストーカー気質に磨きが掛かっていくんだよね。そこまで思われている
万里はやはりリンダのところへ帰りたいと思う気持ちにきちんとケリをつけないといけないろうな。

香子を海に連れて行きたいと想い、バイトにでるのはしゃーないな。しかし、凄いバイトだったな。
やなっさんのとかはずかしいかっこうしてるな。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back (電撃文庫)ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back (電撃文庫)
(2012/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ゴールデンダイム(4) 裏腹なるdon
とある深夜、束の間だけかつての記憶が戻り、当時抱えていた想いそのままにリンダのもとへ駆けつけようとして見事にこけた多田万里。翌朝。万里は唇を腫らし超絶ブサイクになってい...

2012.06.24 (Sun) | まとめwoネタ速neo