2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

1Q84 BOOK1 <4月ー6月> 後編 / 村上春樹

kage

2012/04/09 (Mon)

ふかえりはきっと特別な存在なんだ、と天吾はあらためて思った。ほかの少女たちと比べることなんて
できない。彼女は間違いなくおれにとって、何らかの意味を持っている。それなのにどうしてもそのメッ
セージを読み解くことができない。

感想。

いよいよ、青豆と天吾が宗教法人さきがけ絡みで交わっていくことが今後の展開の見せ所だ。そこは
楽しみでならない。その二人は小学生時代に接点があることは間違いない、そして青豆が好きな人
は天吾であることも。それぞれ違う事情で宗教法人さきがけ絡みの案件に関わっていく展開が惹き込
まれる。はやく二人の邂逅がみたい。

青豆は、殺しによる心の衝動を抑えることや性的な衝動も含め男漁りは青豆の正気を保つのに必要
な行為である。あゆみと知り合って青豆も心を開ける人が現われるのか・・・・・・しかし、あゆみとの
コンビでの男漁りもこれで最後とはあゆみの死亡フラグ?とか勘ぐってしまうが。青豆の殺しも柳
屋敷の老婦人の依頼でもあるが虐待された女性へのためでもあるんだな。ま、殺しはよくない。

天吾は、謎めいた魅力を持つふかえりに次第に心を惹かれているのがわかる。そして年上のガール
フレンドとの関係も何かいい(羨望するよね)。ふかえりの来たパジャマをくんかくんかしてたな。
まあ、17歳の女の子だし・・・・・・気持ちはわかるぜ・・・・・ふう。

しかし、青豆と天吾はまだ交わる気配はないが、リトル・ピープルという共通のことが出てきて
それが何か、宗教法人さきがけ絡みであるのだろうけど、そうでもないかもしれない。ふかえり
はなぜ失踪したのか、深田夫妻の行方は、気になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)
(2012/03/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【1Q84 BOOK1 <4月ー6月> 後編 / 村上春樹】
ふかえりはきっと特別な存在なんだ、と天吾はあらためて思った。ほかの少女たちと比べることなんてできない。彼女は間違いなくおれにとって、何らかの意味を持っている。それなのに...

2012.04.09 (Mon) | まとめwoネタ速suru