2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ひみつの陰陽師(2) ふたつ、不運な姫君は百花の陰に鬼を飼う / 藍川竜樹

kage

2012/03/19 (Mon)

女の身ながら、男装して陰陽師として宮廷に出仕した真澄。先輩陰陽師の玲雅はその秘密に気づい
ているが、真澄のためを思って口をつぐんでいる。女御同士の呪詛騒ぎの後始末に駆り出された真
澄は、後宮の床下で発見した人形の憎悪の炎に襲われる。

感想。

兄が陰陽師の才能が無く、仕方なく家のために男装して陰陽師として出仕、そこで凄腕の先輩陰陽
師の玲雅の技をみて弟子入りする。そこで宮廷や大内裏に起こる色々な事件を解決していくシリー
ズ第二弾!

だいたい2巻では新キャラ投入するのが相場かと思ってたが無かった。というわけで、新しいレギ
ュラーメンバーの追加はなさそうだけど普通の展開の話で、やはり事件は後宮での女性が多いな。
帝の寵愛はやっぱほしいからね。

真澄と玲雅の仲というか恋愛的な関係が少しづつ進展しているのがいい。真澄には正式な弟子入り
という目標、認めてもらいたいという目標があるが、いい感じに仲が進捗している。ライバルの蘇芳
は、その機能を果たしてないな。単なる忠実な家族的な従者としてしか見られていない。右近に至っ
ては、ネタキャラだよね。

あと、とってつけたように真澄の隠された力が出てきたけど何それって感じ。急すぎるでしょ。
あとがきでシリーズ化は未定的な記述があったから、突然出てきた隠された力なんだろうけど。

総合的には、いまいちでした。少女小説的にも見所が少ない。いいところがあまりなかったです。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ひみつの陰陽師 2 ふたつ、不運な姫君は百花の陰に鬼を飼う (ひみつの陰陽師シリーズ) (コバルト文庫)ひみつの陰陽師 2 ふたつ、不運な姫君は百花の陰に鬼を飼う (ひみつの陰陽師シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/02/01)
藍川 竜樹

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック