2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

僕の魔剣が、うるさい件について(2) / 宮澤伊織

kage

2012/03/18 (Sun)

意志を持つ魔剣<夜来たる>の遣い手となったリク。美少女の姿で実体化するのはいいが、口を開
けば他の魔剣を「ブチ折りたい!」と叫び、リクのことをヘタレ呼ばわりする彼女に振り回されっぱな
し。

感想。

意志を持つ魔剣<夜来たる>を手に入れ、世の中に200本ほどある魔剣の中で生存競争をする
はめになるが秘密結社などが出てきて複雑に・・・・・・シリーズ第二弾!

新キャラ出てきたな、貫肌心花。中学生とか後輩萌えか年下萌えでも狙っているのか、どうせだっ
たら小学生にせいや!とか思ってしまった。魔剣が古代ギリシャの戦闘用手袋のセスタスとか、剣
じゃないし。剣だけだとバリエーションが足りないとか思ったのかな。

話の内容は、普通だった。話は普通で面白みに欠けたがそれを補うほどの謎の見せ方や伏線の
張り方が目を引いた。「蚩尤の徒」だとか「魂の○○あげた」とか、色々今後の展開に気になる伏線
や謎をこの2巻で散らしていったのは上手い。それだけに、その上手い伏線を活かし切れてない
構成は経験不足からの荒削りゆえにかなとか感じたり。

恋愛成分は薄め。てっきり<夜来たる>はもっとベタにツンデレるとか思ったし、香織は典型的な
主人公を慕うタイプかとも思ってたけど。その辺は先に述べた所を上手く料理して頂ければ問題な
い。

次巻に期待。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

僕の魔剣が、うるさい件について2 (角川スニーカー文庫)僕の魔剣が、うるさい件について2 (角川スニーカー文庫)
(2012/01/31)
宮澤 伊織

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック