2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

彼岸花の咲く夜に / 竜騎士07

kage

2012/01/14 (Sat)

「・・・・・・めそめそさんは私なのに・・・・・・」担任教師に虐げられることに疲れはて、毬枝は悲しく
呟いた。いま学校中で話題の新妖怪”めそめそさん”。あれは、自分が辛い一時の後、トイレで泣いて
いたときの声だ。どうせなら、本当にめそめそさんになりたい。

感想。

面白かった。学校でのいじめなどの陰惨なネタを学校妖怪を絡めての味付け。連作短編形式。
学校妖怪の序列3位の彼岸花は、冷酷であるもちらりと見せる優しさもある、しかし妖怪であるので
全面的に人間の味方でもない、いいキャラです。

第一話「めそめそさん」
どちらが○○になるかの対決でそのルールって適用されるの?とか思ったが、勝って良かった。
しかし、こういうことでしか仕返しが出来ないのが辛い。彼岸花の提案を受け入れたくなるのはやむな
いのか・・・

第二話「心霊写真機」
お互いに許しあえたのはいいことかもしれないが、過剰にやりすぎだな。校長先生のせいで記憶
から消失していたとはいえ。彼岸花さんの冷酷さが見えました。

第三話「お姫様の嘘」
この話が、なんか人間臭くて一番面白かった。誰でも辛いことから逃げたいし、憧れにはなりた
い。そんな心情がよく出てた。

人間の醜悪な姿がよく出てた。読み応えがあって面白かった。社会は勿論、学校も社会の縮図で
で怖いところですな。次巻も楽しみ。


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村


彼岸花の咲く夜に (富士見ファンタジア文庫)彼岸花の咲く夜に (富士見ファンタジア文庫)
(2011/12/20)
竜騎士07

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック