2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

明日も彼女は恋をする / 入間人間

kage

2011/12/25 (Sun)

「過去の改変」から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたし
の歩けなかった足が、元通りになっていた。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。
上下巻構成の下巻。

感想。

完全に著者の手の平で騙されました。いや、今でも誰が誰とまではいなかいが頭がこんがらがって
います。だって、上巻を読んで、まさかの展開に、やられました。これは良作です。

ニアを消失したわたしと、マチを助けるために来た僕の、それぞれの視点での話しである。
ネタバレをしたい訳ではないが、自分も読解力がないせいかこの物語をよく理解していないので
うまく、感想を述べれない。

がしかし、これは僕は、こんな生き方を選んでしまったのかと。愛の深さを昨日から今日から客観的
ともとれる視点で見守っていく、そんな姿が強烈だった。タイムトラベルが招いたこの運命の複雑
怪奇な流れは、時間というものがホラーを連想させる。

いやはや、こんな良作を自分の読解力の無さが面白さを半減させているなんて自分が情けない・・・・

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)
(2011/12/22)
入間 人間

商品詳細を見る

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック