FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

芸人ディスティネーション / 天津向

kage

2018/03/24 (Sat)

あらすじ。

僕、鳴雲俊史は芸歴十年の元漫才師。俗に言う、お笑い芸人だ。ずっとコンビ漫才をやっていた
のだが、解散して今はピンで活動している。最近いろいろ言われるんだよ……「あの人、十年
もやってるのに売れてないんだぜ?」とかね。

感想。

シリーズ第1弾!お笑い芸人の天津・向さんが書いた作品。ほぼ四年前の作品で長い間、積読
して本でようやく読みました。天津といえば昔ですがエロ詩吟でブレイクした木村さんがいますが
、今は、向さんのが地味に売れているのではないでしょうか?

題材はお笑い芸人という事もあり、現役の芸人である著者が書いただけあって芸人世界の話
がリアルに感じましたし、ヒロインなどはやっぱりラノベらしくありましたが、内容は割とシリアス
路線でもあり昨今のラノベではないテイストで凄く想像以上に面白く読めました。

主人公は芸人として売れていないがバイトはしてなく芸人だけで食っていける程度の芸人という
立場で、ヒロインは芸人養成学校の新入生。ヒロインは芸人として主人公が好きで押しかけ同居
をする。主人公は売れる事を諦めてしまっているのを、ヒロインの影響で更生して売れる事を
目指す熱い話です。

個人的にはデビュー作とは思えない面白さ。今は店頭で見かけないので売れてないのかな~
と思うが、そこは個人的に残念です。ラノベなので一般文芸的な面白さを求められると困るが
おすすめです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック