2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

転生したらスライムだった件(6) / 伏瀬

kage

2018/03/01 (Thu)

あらすじ。

ワルプルギスに参加するリムル、クレイマンに操られているミリム、果たしてどうなる!?

感想。

シリーズ第6弾!安定して面白い。しかし、強さがインフレしていくが面白さは失われない。
そこが凄い。そして部下のベニマルやシュナ、そのほかの部下も異常に強くなっていてびっくり。
特にベニマルはふれいもう準魔王級の強さがあるな。

ミリムはやはりというべきかクレイマンに操られてはいなかった。ミリムは単純なようでいて考えも
あり、そして圧倒的に強いのでクレイマンごときでは操れないということか。カリオンとフレイは魔王
としての強さはないとしてミリムの配下になることを自ら申し出た。ミリム最強説か。

しかし、クレイマンは小物だとは思っていたがあっさり倒されたな。リムルの強さは想像していたが
予想以上の強さ。そのリムルをもってしても古参の魔王にはかなわないという。これはまだまだ
リムルの強さが増すということか。今後戦うことはないかもしれないがまだ黒幕もいるしどうなるか
は不明だ。

次巻は二度目の坂口日向との戦いがありそう。かなりの強敵だがどうなることやら。
そしてラプラスは人間だよな?ロイをあっさり倒すとは。まだまだ暗躍しそうな感じだ。

さあ、次巻も図書館で予約しよう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック