FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

ここはボツコニアン 魔王がいた街 / 宮部みゆき

kage

2018/02/16 (Fri)

あらすじ。

水と緑と陽光の街アクアテクに来たピノピ。そこは魔王がいた痕跡がある街。

感想。

シリーズ第2弾!相変わらずのメタな発言で読者を楽しませてくれます。それの楽しみが
好きな読者の方が多いのではと思う。児童小説だから子供でも楽しめる内容なのだが、
意外とピノの幼なじみの少女のパレの複雑な家庭事情が完全に大人のドロッとした話
だった。

アクアテクに来たピノピ。そこで行方不明の少女の謎を追う。また魔王の蔵書のある
回廊図書館に入ったピノピ。そこの司書の羊に6つの鍵を集めて回廊図書館で扉を
開けて伝道の書を6つとり魔王への居城へ行くように案内される。ピノピは鍵を
集めることに。

また謎のあんまんを追って三国志のキャラのいる陣屋へ行く。いや、久々の三国志
の世界に触れるなと思った。自分が。高校生の時に凄くハマった。横山三国志の
漫画が確か家のあったはず。そのうち引っ張り出して読んでみるかな。

1巻よりはこのシリーズに慣れたのか楽しめた。ただ次巻を読むと思うが優先順位
は低くなりそう。宮部みゆき氏の本だけでも読んでないのも多く他の方が面白そう
だと思うから。

手軽に息抜きの息抜き的に読むには絶好の作品。楽しめました。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック